古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

習中国主席、トランプ米大統領の訪中に期待感表明

Reuters のロゴ Reuters 2017/10/02

[北京 30日 ロイター] - 中国の習近平国家主席は30日、訪中したティラーソン米国務長官と会談した際、トランプ米大統領を友人と呼び、11月に予定されているトランプ氏の訪中が「すばらしい」ものになると期待していると語った。

トランプ米大統領は貿易慣行を巡って中国を厳しく批判。また、北朝鮮の核兵器・ミサイル開発を止めさせるよう一段と圧力をかけるべきだと中国政府に対して要求するなど、米中関係はぎくしゃくしている。

習中国国家主席とトランプ米大統領は今年4月に、米フロリダ州にあるトランプ大統領の別荘で初めて顔合わせした。トランプ米大統領は11月、日本、韓国、中国、ベトナム、フィリピンを訪問する予定だ。

習中国主席、トランプ米大統領の訪中に期待感表明 © REUTERS 習中国主席、トランプ米大統領の訪中に期待感表明

習主席はティラーソン国務長官との会談で、トランプ氏との過去の会談を楽しんだと述べた上で、双方はこれまで、中米関係の発展にむけて多大な努力をしてきたと強調。主席は記者団の前でコメントを読み上げ「われわれは良好な関係、個人的な友情を築いてきた。トランプ大統領の訪中は、中米関係の一層の推進に向けた重要な機会であり、訪中が特別ですばらしいものになり、成功を収めると確信している」とした。

中国外務省によると、習主席は、両国にとって協調が唯一の正しい選択肢だとし、共通の利益は相違点よりも大きい、との認識を示した。

Reutersの関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon