古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

老舗ソフトのクラウド化にみるIT産業構造の変化

ITmedia エンタープライズ のロゴ ITmedia エンタープライズ 2017/02/27
老舗ソフトのクラウド化にみるIT産業構造の変化: 基調講演を行うアドビシステムズの佐分利ユージン社長 © ITmedia エンタープライズ 提供 基調講演を行うアドビシステムズの佐分利ユージン社長

 Citrix Systems、Adobe Systems、Veritas Technologiesといった米国のソフトウェアベンダーが先週、クラウド事業についてそれぞれ新たなメッセージを発信した。いずれも長年にわたってそれぞれの領域でグローバルに有力な製品を提供し続けてきた“老舗”ベンダーだけに、新興ベンダーとは異なるインパクトを感じさせる。

 まずは、それぞれの新たなメッセージを紹介しておこう。

 Citrixの日本法人であるシトリックス・システムズ・ジャパンは2月22日、同社の製品をクラウドサービスとして利用できる「Citrix Cloud」を国内で提供開始すると発表した。これにより、デスクトップ仮想化ソフト「XenDesktop」やアプリケーション仮想化ソフト「XenApp」などをSaaSモデルで利用できるようにした。(図1参照)

 発表会見では、Citrix Systemsのカルロス・サルトリアス ワールドワイドセールス&サービス担当エグゼクティブバイスプレジデントが「Citrixはこれからクラウドファーストに注力する」と明言。これが同社の新たなメッセージである。

 Citrix Cloudのユニークな点は、IaaSをパブリッククラウドでもプライベートクラウドでも適用可能にしていることだ。さらに、Microsoft Azureと連携したサービスも用意しており、「Microsoftは戦略的なパートナー」(サルトリアス氏)と強調した。

 次に、Adobeの日本法人であるアドビシステムズは2月23日、デジタルマーケティングをテーマにしたプライベートイベント「Adobe Marketing Cloud Experience Forum 2017」を都内で開催した。Adobeは2012年からクラウド事業に注力し、現在ではクリエイティブなデザインやコンテンツ制作に向けた「Creative Cloud」、デジタルマーケティングを推進する「Marketing Cloud」、ドキュメント業務を効率化する「Document Cloud」といった3つのクラウドサービスを展開している。

 同イベントはMarketing Cloudを対象に、その先進技術や最新事例を紹介したものだが、アドビシステムズの佐分利ユージン社長は基調講演で「3つのクラウドサービスによって、素晴らしい顧客体験を提供する“エクスペリエンスビジネス”に注力していきたい」と強調した。これが同社の新たなメッセージである。

●クラウドサービスの進展で変わるIT産業構造

 そして、Veritasは2月23日、Microsoftとクラウドでのデータ管理に関するグローバルな戦略的パートナーシップを結んだと発表した。Veritasの日本法人であるベリタステクノロジーズによると、Microsoft AzureとVeritasのデータ保護ソリューションによるハイブリッドクラウド環境を構築できるようにするとともに、Veritasの情報管理サービス「Veritas Enterprise Vault. Cloud」をAzure上で運用できるようにするとしている。(図2参照)

 つまりは、Veritasの製品やサービスのクラウド利用に向けたバックエンド環境としてAzureを採用したというのが、同社の新たなメッセージである。

 実は、この3社のクラウド事業への取り組みには共通点がある。いずれもMicrosoftと戦略的パートナーシップを結び、自社のクラウド展開のIaaSとしてAzureを適用していることだ。CitrixとVeritasはそれぞれが発表した通りだが、Adobeも2016年9月にMicrosoftとの戦略的提携について、両社CEOが並んで発表会見を行った。

 老舗ソフトベンダーの3社がクラウド事業においてMicrosoftと連携するのは、IaaSとしてAzureを高く評価しているとともに、同じソフトベンダーとして長年共存してきたという意識が働いているようにも見て取れる。さらに、3社にとってはOffice 365などMicrosoftの強力なSaaSとも連携しやすくなるというメリットがある。

 とはいえ、最初からSaaSモデルでアプリケーションを提供する新興ソフトベンダーは、Amazon Web Services(AWS)やGoogle、IBMのIaaSを利用しているケースも多い。また、最近では有力なSaaSベンダーがIaaSを乗り換える動きも出てきている。IaaSベンダーにとっては、有力なSaaSベンダーをどれだけ“顧客”にできるかが競争力の決め手にもなる。

 こうした動きを大きな視点で捉えると、これまでハードウェアとソフトウェアに分かれていたIT産業の構造が、クラウドサービスの進展とともに変化していく様子がうかがえる。もちろん、オンプレミスを含むプライベートクラウドが将来においても一定の割合を占めるとみられていることから、ユーザー企業が購入するハードウェアの需要は存続するだろうが、それもサービスとしての提供形態に変わっていくものとみられる。

 今回の老舗ベンダー3社の動きは、長年続いていたソフトウェアの提供形態が変わっていくことを示している。それは、ハードウェアの今後のありようも含め、IT産業構造そのものが変化していくことの一端を表しているのではないか。その変化の波に乗り遅れまいと、必死に戦う老舗の姿を見てそう感じさせられた。

ITmedia エンタープライズの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon