古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

考え過ぎはストレスのもと。心を開放する3ステップ

MYLOHAS のロゴMYLOHAS 2017/07/19 MYLOHAS編集部
考え過ぎはストレスのもと。心を開放する3ステップ © MEDIAGENE INC 提供 考え過ぎはストレスのもと。心を開放する3ステップ

ひとつ自覚している自分の心のクセに「心配性」というのがあります。過ぎたことは気にしないのですが、先の計画を立てるとき、どんな状況になっても落ち着いて対処したいという気持ちから、極端に悪い場面まで想像してしまいます。

多方面から物事を考えられると、より良い選択ができる、理解が深まる、成功の度合いが高まるなど、良いことがたくさんありますが、その反面「考え過ぎる人は、昨日犯したミスのことで自分を責め続けたり、明日どうしたら成功できるか思い悩んだり、自分の考えから抜け出せないので、常に辛い状態のまま」という悪循環にはまるという心理療法士 エイミー・モーリンの言葉が気になりました。

考え過ぎを止める3ステップ

たしかに、常に考え事をしているのはストレスです。身体的にも、頭や肩がガチガチにこり固まってしまっている感じ。より良いアクションをしたくて考えを巡らせているのに、結果的に柔軟性が失われていたのかも。そんな「考え過ぎ」な状況から抜け出す方法があるようです。

1. すべてに「答え」があるわけではないことを受け入れる

考え過ぎる人は、何か起こるとその原因や影響を探り当てようとする傾向があります。物事は、時として何の理由もなく起こったり、あまりにも複雑で関連性の無い理由で起こるので、それを解明しようとしても無意味です。すべてのことに明確な答えがあるわけではなく、どんなことにも「これ」といった原因が必ずあるわけではないということを受け入れるには、分析的に考える人にとっては多くの忍耐と精神を要します。しかし、これを受け入れる境地に達すると、人生はストレスがぐっと少なくなります。

2. 細かい段階を踏みながら大局的に考える

考え過ぎる人は、未来に対する不安や1つの出来事に囚われてしまうので、総合的な物の見方ができません。ベストなアプローチは、大局的な絵を片目で見ながら、目標達成に必要な小さなステップを踏んでいくことです。たった1つのステップに囚われて前進できなくなってはいけません。同時に、大局にとらわれ過ぎると、目的もなくさまよい、必要なステップに集中できなくなってしまいます。正直言って、なかなか微妙なバランスですが、このバランスを取る価値は十分にあります。

3. 明確な「ビジョン」を持つ

考え過ぎる人は、気が散りやすく横道にそれがちです。今日達成したいこと、あるいはこれからの人生で達成したいことに関する明確なビジョンを持つことが大切です。心が乗っ取られるような状況や出来事をやり過ごすには、自分の目標と人生のビジョンに集中できていてこそです。そうでないと、必要以上に考えても答えが出ない悩みや状況、出来事を嘆いてしまうことになるでしょう。

思い当たる節がたくさんありました。考える行為が悪いわけではなくて、「過ぎる」のが悪いということもよくわかりました。これからは、小さな障害をわざわざ大きな障害に仕立てるようなことは止めて、必要以上に考えを巡らす時間があったら、そのぶん前に進んで行こうと思います。

[ライフハッカー(日本版)]

image via shutterstock

MYLOHASの関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon