古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

臨時国会召集の要求あれば、与党と相談したい=菅官房長官

Reuters のロゴ Reuters 2017/06/22

[東京 22日 ロイター] - 菅義偉官房長官は22日午前の会見で、民進党など野党4党が憲法53条の規定に基づいて臨時国会の召集を求める姿勢を示していることに関連して「そうした要求があれば、与党とも相談したい」と述べた。

臨時国会召集の要求あれば、与党と相談したい=菅官房長官 © REUTERS 臨時国会召集の要求あれば、与党と相談したい=菅官房長官

野党4党は学校法人「加計学園」の獣医学部新設をめぐる問題で、疑惑を解明する必要があるとして、22日中にも臨時国会召集の要求書を国会に提出する見通し。

2015年に同様の要求があった場合と同様に、国会を開かない可能性もあるか、との質問に菅官房長官は「仮定のことについて申し上げるのは控えたい。そうしたこと(臨時国会召集の要求)があれば与党とも政府は相談したい」と答えた。

憲法53条では、衆参いずれかの議院の総議員の4分の1以上が要求した場合、内閣は臨時国会の召集を決定しなければならないと規定している。ただ、召集期限の定めはなく、国会の開会は実際には内閣の判断に委ねられている。

(石田仁志)

Reutersの関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon