古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

自分の鼻を信じて。純粋に香りの好みだけで選べるセレクトショップ

cafeglobe のロゴ cafeglobe 2017/08/23 18:45 cafeglobe編集部
自分の鼻を信じて。純粋に香りの好みだけで選べるセレクトショップ © cafeglobe 提供 自分の鼻を信じて。純粋に香りの好みだけで選べるセレクトショップ

2017年8月中旬、「ニュウマン新宿」の2階に面白い香りのショップがオープンしました。「NOSE SHOP(ノーズショップ)」といいます。何が面白いかというと、この店の主役は他の誰でもない、「自分の鼻」だということ。

香りへの2つの思いに基づいて

© cafeglobe 提供

このコンセプトに至る背景には、店舗オープンを手がけた「ビオトープインク」の中森友喜社長の、香りに対する2つの思いがあります。

1つは、一般的に、香り=やや小難しいと捉えられがちだけれど、そこから解放されて欲しいという思い。香りは身体のこのパーツにつけるといい、こういう服装にはこういう香りの方がいい、この季節にはこっちといった、頭でっかちなルールに囚われてしまっている人が、少なからずいます。でも、たとえば足首につけて歩く度に香りが立つようにするというのは、ティップスであってルールではありません。服や季節との相性だって、組み合わせの1つの案であって、決まりごとではないのです。

© cafeglobe 提供

日本初上陸の「アベル」15ml 8,000円〜。世界でもっともナチュラルな香水を作ることを目標にアムステルダムでスタートしたブランド。身につける人の個性を香りで隠してしまうことなく、人それぞれの香りの特徴を活かしてくれる。

「消臭・無臭を好むのが日本人の気質かもしれませんが、誰かからの目を必要以上に気にしすぎるあまり、香りをまとう楽しみ自体を放棄してしまっているかたが多いように思うんです。でも、香りは人生に彩りをあたえてくれる楽しい存在。弊社では香りのブランドを輸入総代理店として取り扱っているのですが、香水やルームフレグランスをザザッと一同に並べて、どの香りが好きかを選んでいる時の楽しい体験を広めたいです」(中森さん)

© cafeglobe 提供

「マーケティングを捨てた香水界の異端児」として注目される「ラボラトリオ・オルファティーボ」30ml 7,000円〜。名調香師が結集し、誰かからの注文に従うのではなく、自分の感性を大事に香りを生み出している。

2つめに、合成香料をたっぷり使ったいわゆる「香水」とは一線を画する、ハイグレードな香りの楽しさを知ってもらいたいのだそう。

「ここ数年、ニッチフレグランスと呼ばれる大量生産のきかない個性的なブランドが世界中に生まれています。高価な天然香料をふんだんに使ったそれらのブランドは、名前こそメジャーではありませんが、嗅いでいただければ違いがおわかりになると思います」(中森さん)

© cafeglobe 提供

前述「ラボラトリオ・オルファティーボ」のシャワージェル250ml 3,500円、ボディローション250ml 5,000円。初上陸も。鼻が感じる「他と違う」ブランド

「ラボラトリオ・オルファティーボ」、「ケルゾン」、「アルケミープロダクツ」や日本初上陸の「アベル」など、ビオトープインクのメンバーの鼻が「他とは違う」と感じたハイクオリティなブランドだけがスタンバイ。しかも「生活に彩りを与えるには視覚から受けるイメージも大事なので、デザイン性も高いものを選んでいます」と中森さんが言うとおり、グッドルッキング揃い。

© cafeglobe 提供

「ケルゾン」ルームフレグランス100ml 4,500円。ケルゾン兄弟が旅をしたり、家族といて日々感じたりすることを香りに昇華させているブランド。過去や現在における大切な時間や場所を想起させるような、どこか懐かしい香り。

ありきたりな香りでは満足できない! なんて人にとってはツボを押さえられたように感じられる店ですし、香水に詳しくない人は、しのごの言わずに自分の鼻からもたらされた気持ちに素直に従えばいい、というスタンスで臨める素敵な店。

とはいえ長々語ってしまいましたが、余計なことは考えず、鼻だけ携えて訪れるのでOKです。

NOSE SHOP

住所:東京都新宿区4-1-6 ニュウマン新宿2F

電話:03-5357-7707

[NOSE SHOP]

Cafeglobeの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon