古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

英国、EU離脱へ原子力・司法巡る交渉方針示す

Reuters のロゴ Reuters 2017/07/13

[ロンドン 13日 ロイター] - 英政府は13日、欧州連合(EU)との離脱交渉本格化を前に、原子力や司法などに関する交渉方針を示し、欧州原子力共同体(ユーラトム)から脱退するとともに、欧州裁判所の管轄から外れる考えを明らかにした。

英国、EU離脱へ原子力・司法巡る交渉方針示す © REUTERS 英国、EU離脱へ原子力・司法巡る交渉方針示す

英政府は交渉方針を示した文書で、できるだけ円滑に移行を進めることを目指すと表明、EUによる英国での活動を終わらせる上で、移行期間を設けることが一助になるとの見方を示した。

移行期間の範囲と期間については「資産や機関の種類によって異なる可能性がある」とした。

また、ユーラトムに関する条約はEUについて規定した条約と「法的観点からみて特異的に結びついている」ため、英国はユーラトムから脱退する必要があるとの指摘をEU側から受けたと明らかにした。

その上で「英国と欧州原子力共同体にとって、共通の知識を生かすとともに共通の利害を最大化するため、将来緊密な連携を保つことが大きな相互利益になるのは明白だ」と指摘した。

Reutersの関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon