古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

英国がEU市民の移動制限なら代償伴う=メルケル独首相

Reuters のロゴ Reuters 2017/05/17

[ベルリン 17日 ロイター] - メルケル独首相は17日、英国が欧州連合(EU)離脱後にEU市民の移動の自由を制限すれば、英国は代償を支払うことになるとの見解を示した。20カ国・地域(G20)の労働組合のイベントで述べた。

英国がEU市民の移動制限なら代償伴う=メルケル独首相 © REUTERS 英国がEU市民の移動制限なら代償伴う=メルケル独首相

英国が離脱後に自らに有利になるよう規定を変更するのは自由としながらも、EUが公正な環境を維持するために対応策を講じなければならない状況になれば、コストを伴うとした。

「これは悪意ではない」とし、例えばEU市民10万─20万人が上限、または研究者だけで、それ以外の受け入れないといったことを英国が主張しても機能しないとした。

また離脱による企業や従業員への影響を最小限に抑えるためには、英国とEUの間で公正な競争環境を維持するよう、労組が英政府に働きかけていく必要があると述べた。

Reutersの関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon