古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

菅田将暉×小松菜奈『溺れるナイフ』海でのラブシーン映像公開 小松「本気で死ぬかと思った」

Real Sound のロゴ Real Sound 2016/11/02 株式会社サイゾー
© Real Sound 提供

 11月5日より公開される『溺れるナイフ』より、菅田将暉と小松菜奈の海でのラブシーン本編映像が公開された。 参考:動画はこちらから  本作は、ジョージ朝倉の同名コミックを、『彼女が浜辺で踊っている』『5つ数えれば君の夢』の山戸結希監督が映画化したもの。都会から来たティーン誌モデルの望月夏芽と、地元の神主一族の跡取り・長谷川航一朗(コウ)の恋と衝動を描く。夏芽役を小松菜奈、コウ役を菅田将暉がそれぞれ演じるほか、ジャニーズWESTの重岡大毅、上白石萌音らが出演する。  このたび公開された映像では、心を閉ざした夏芽が、ある日抑えていた恋しさに突き動かされ、荒れ狂っていたコウに想いをぶつけるシーンの一部。夏芽がコウの首に回していた手を放すと、コウは海に沈んでいく。そんなコウを助け出そうとする夏芽。対照的な二人の姿がピアノの旋律にあわせて映し出されている。  小松と菅田は、撮影前にプールで練習を行ったというが、いざ撮影となると、そこは台風直前の荒れた海だった。沈まない体質の小松は制服を着た上に重しをつけて挑み、「本気で死ぬかと思った」というほど過酷な撮影となったようだ。(リアルサウンド編集部)

Real Soundの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon