古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

菅田将暉主演『帝一の國』追加キャスト発表 野村周平、竹内涼真、千葉雄大ら、帝一のライバル役に

Real Sound のロゴ Real Sound 2016/11/16 株式会社サイゾー
© Real Sound 提供

 菅田将暉主演作『帝一の國』の追加キャストが発表された。 参考:高梨臨、Huluドラマ『代償』のハードな撮影現場で得たもの「演技は役を愛するところから始める」  本作は、2010年からジャンプSQ(集英社)にて、5年間連載された古屋兎丸の同名漫画を、菅田将暉主演で実写化したサバイバルコメディ。監督は、『ジャッジ!』『世界から猫が消えたなら』などを手掛けてきた永井聡が務め、脚本は『ROOKIES』のいずみ吉紘が担当している。  この度公開された追加キャストは、名門・海帝高校の生徒会長を目指す帝一のライバルたち。スパイの秀才・東郷菊馬を野村周平、カリスマの秀才・大鷹弾を竹内涼真、支配の秀才・氷室ローランを間宮祥太朗、サポートの秀才・榊原光明を志尊淳、知略の秀才・森園億人を千葉雄大がそれぞれ演じている。そのほか、帝一の幼馴染・白鳥美美子を永野芽郁が演じ、経済産業省官僚である帝一の父・赤場譲介を吉田鋼太郎が務めている。 (リアルサウンド編集部)

Real Soundの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon