古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

蓮舫代表の“猛追及”を体験「VR蓮舫」、開発きっかけはユーザーの声 「政党ブースには人がいない」 担当者に聞く

ITmedia NEWS のロゴ ITmedia NEWS 2017/03/28
蓮舫代表の“猛追及”を体験「VR蓮舫」、開発きっかけはユーザーの声 「民進党ブースには人がいない」 担当者に聞く: 画像:ITmedia © ITmedia NEWS 提供 画像:ITmedia

 民進党の蓮舫代表に国会で追及される――VR(仮想現実)空間でそんな体験ができる「VR蓮舫」を民進党が企画し、ドワンゴのイベント「ニコニコ超会議2017」(4月29〜30日、千葉・幕張メッセ)に出展する。3月27日に企画が発表されると、Twitterでは「面白そう!やってみたい」「VR蓮舫というワードがすごい」「一体何を企んでいるんだ?」「民進党遊んでんじゃねえよ」など、賛否両論の意見が。企画の狙いを民進党青年部の担当者に聞いた。

●「民主党のブースには人がいない」 開発のきっかけはユーザーの声

 VR蓮舫は、プレイヤーが総理大臣になり、国会審議で蓮舫代表からの追及を受けるというもの。使用するVR機器や具体的な仕組みは明かしていないが、プレーヤーの動揺を検知したり、周囲からのヤジが聞こえたりするギミックを用意するといい、「平常心を保ち、総理大臣の職務を果たせ!」と説明している。

 「(ニコニコ超会議の)民主党のブースには人がいない」――民進党の担当者によれば、そんなユーザーの意見が開発のきっかけという。同党は、ドワンゴのリアルイベント「ニコニコ超会議」に2013年から出展している(当時は民主党)。これまでは、政策内容を説明する出展内容がメインだったが、15年のユーザーアンケートでそんな厳しい声が寄せられたという。

 「ニコニコ超会議に参加する若い人たちは、政治と接点のない人もいる。政党のブースで、主張したいことだけをアピールしていても、下手すると一歩通行になってしまう。まずは参加者に興味を持ってもらって、政治を知ってもらいたい」

 面白いコンテンツを考える中で、近年関心が高い「VR」を選んだ。その上で「VRで体験するのなら、臨場感があるものを……」と、蓮舫代表の国会審議での追及を題材にしたという。「政治にあまり関心がない人でも、事業仕分けなどの場で蓮舫代表が見せた“追及力”は印象があると思う。蓮舫代表に説明したところ、政治に関心を持ってくれるきっかけになるのならと快諾してもらえた」(担当者)。

 VR映像は、外部の制作会社が開発協力する。「まだ開発中の部分もあるので、詳しい内容は伝えられないが、超会議の当日を楽しみにしてもらいたい」

ITmedia NEWSの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon