古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

藤原竜也「家に飾りたい(笑)」 『22年目の告白』新ビジュアル&キャラクター動画公開

Real Sound のロゴ Real Sound 2017/04/14 株式会社サイゾー
© Real Sound 提供

 6月10日に公開される映画『22年目の告白―私が殺人犯です―』より、藤原竜也演じる殺人犯・曾根崎の新ビジュアルとキャラクター動画が公開された。

 本作は、韓国映画『殺人の告白』が原作のサスペンス映画。未解決のまま時効を迎えた連続殺人事件の犯人と、事件ですべてを失った刑事の葛藤を描く。『SR サイタマノラッパー』の入江悠が監督を務め、W主演の藤原竜也と伊藤英明のほか、夏帆、野村周平、石橋杏奈、岩城滉一、仲村トオルらが出演する。

 このたび公開されたビジュアルは、編集者目線で描かれた小説版『22年目の告白―私が殺人犯です―』が4月14日に発売されたことにちなんで、10日から新宿駅、東京駅、渋谷駅、池袋駅、秋葉原駅、新橋駅、横浜駅、大宮駅と各路線の中吊り広告として掲出されたもの。藤原演じる曾根崎の目が隠された表情が捉えられている。

 藤原は自身が演じた殺人犯を見て、「カッコいいですね。家に飾りたい(笑)」とコメント。なお、掲出されたビジュアルは、14日からは目隠しなしの広告に切り替わっている。

 あわせて公開されたキャラクター動画には、告白本を出版して一躍時の人となる曾根崎が、告白本を手がけた編集者・川北未南子の首を絞めながら「徹底的に売ってください」と詰め寄るシーンなどが映し出されている。(リアルサウンド編集部)

Real Soundの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon