古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

藤原紀香が水素水を「もう飲んでない」!? 今ハマってるのは「酸素水」と明かし、ネット騒然

サイゾー のロゴ サイゾー 2017/06/08
© Cyzo 提供

 朝から晩まで水素水を愛飲していることで知られてきた女優・藤原紀香(45)が、今度は酸素水にハマっていることをブログで明かした。

 現在、熱海五郎一座の公演『消えた目撃者と悩ましい遺産』に出演中の紀香は、5日、差し入れでもらったというペットボトル入りの酸素水を写真付きで紹介。

「最近、愛飲してるので嬉しい! ものすごく元気になります」と喜んだ。

 また、「水素水は卒業?と良く聞かれます」といい、「いえいえ、水素は、その日の疲れを取るべくお風呂で発生させてます」と、バス用としては使用を続けていることを付け加えた。

 紀香が紹介した酸素水は、酸素水としてはメジャーな「WOX(ウォックス)」という商品。8日現在、「Amazon」では6本セットが4,277円で発売されており、そこには「わかさを協力にサポート!」「酸素カプセルと同じく現在注目されている酸素の摂取方法です」などの売り文句が並んでいる。

 これに、ネット上では「紀香が新たな水を信仰しはじめたぞ!」「水素水飲むのやめたのか」「テレビで『水素は人間を救う』って言ってたのに」「1本700円って!」といった声が見受けられる。

 紀香といえば、数年前からブログに「水素クリーム」「水素カプセル」「水素浴」といった言葉が頻出。テレビでもたびたび「水素はすごくこれから、人間を救っていく」「(水素は)サビを取る感じ」などとそのすばらしさを説き、自身のセレクトショップ「紀香バディ!コム」でも、「マーメイド水素バブルバス」や「ケータイ水素マルチポッド malloon」などの関連商品を販売している。

「紀香が広めたといっても過言ではない水素水ですが、国民生活センターは昨年、『水素水は健康増進に寄与するものではない』と報告。関連商品の購入に注意を促しましたから、本人も以前のように水素水を勧めにくくなったのでしょう。ただ、酸素水についても同様に賛否両論が巻き起こっている。“酸素バー”ブームに伴い、2006年にアサヒ飲料が『アサヒ 酸素水』なる商品を発売しましたが、現在は製造中止となっています」(芸能記者)

 その年齢とはとても思えないほどの美貌を保ち続けている紀香。今後、鬱陶しいほどの“酸素水愛”を語る機会が増えるかもしれない。

※画像=アメブロより

サイゾーの関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon