古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

襲撃事件、国内集団が実行?=ソマリア過激派の犯行否定―ケニア大統領

時事通信 のロゴ時事通信 2014/06/17 JIJI Press

 【ロンドン時事】ケニアのケニヤッタ大統領は17日、約60人が犠牲となった東部での2件の襲撃事件について、先に犯行を認めたソマリアのイスラム過激派アルシャバーブではなく、国内の「政治的ネットワーク」が実行したとの見方を示した。

 ロイター通信などによると、大統領はテレビ演説で「(攻撃は)非常に計画的で組織された、政治的動機に基づく民族抗争であり、アルシャバーブのテロではない」と断言。「地元の政治的ネットワークが計画および実行に関与したことを示す証拠がある」と指摘するとともに、「日和見主義の犯罪集団」がこれに加わったと述べた。ただ、具体的な組織名には言及しなかった。 

image beaconimage beaconimage beacon