古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

見て美しく乗って強烈! 深紅の跳ね馬・フェラーリ「488GTB」

ザテレビジョン のロゴ ザテレビジョン 2017/09/09
見て美しく乗って強烈! 深紅の跳ね馬・フェラーリ「488GTB」 © KADOKAWA CORPORATION 提供 見て美しく乗って強烈! 深紅の跳ね馬・フェラーリ「488GTB」

ついにフェラーリが登場! 美しくて速い!「488 GTB」はまさに走る芸術品!  この連載も行き着くところまで来てしまったのかもしれない。世界中の誰もが知る、名実ともにナンバーワンスーパーカーメーカー、フェラーリが満を持して登場した。フラッグシップモデルである「458イタリア」の後継モデル「488 GTB」を今回はお借りした。  フェラーリといえば、今も昔もスーパーカー、高級車の象徴である。もちろん、フェラーリよりもハイスペックなクルマや高価なクルマは存在するが、積み重ねてきた歴史やブランドなどを考えれば、「フェラーリ=スーパーカー」は否定できないだろう。小さい子供からクルマに興味がない女性でも知っている跳ね馬のエンブレム、F1をはじめとするモータースポーツでの活躍、セレブがこぞって手に入れたがるなど、フェラーリの知名度は世界中に及んでいる。  フェラーリはイタリアのモデナ県マラネロに本社を置く自動車メーカーで、元々アルファロメオのレーシングドライバーだったエンツォ・フェラーリによって、1929年に創設されたレーシングチームから始まった。市販車の製造を始めたのは1947年から。レーシングカーをベースにクルマを作っていたため、最初はオーナーから「乗りにくい」、「うるさい」などのクレームが入ることもあった。しかし、その後はロードカーの製造も始め、レースで培ったテクノロジーを投入することで品質や信頼性を高めていき、同時にレースでも勝ちまくってブランド力も高めていく。  その後、1960年代の経営危機をフィアットの傘下に入ることで乗り切り、V12エンジンやV8エンジンを搭載したハイパフォーマンスモデルをリリースし、ラインナップは増え、世界中の羨望を集めるスーパーカーメーカーへと成長していった。  488 GTBは、古くは「ディーノ 206」から続く系譜のV8 MRモデルのフラッグシップモデルで、前モデルである「458 イタリア」の後継モデルという位置付け。なお、488は1気筒あたりの排気量を意味し、GTBはGranTurismo Berlinetta(グランツーリスモ ベルリネッタ)の略で、ベルリネッタは2シーターもしくはクーペを意味する。  登場したのは2015年。デザインなどは458っぽさが随所に残っているが、中身はほぼ別モノに生まれ変わっている。エンジンは4.5リッターV型8気筒から3.9リッターV型8気筒と600ccも排気量が減ったが、ツインターボを装備することにより、458より100馬力も出力がアップした。スペックは3.9リッター V8 ツインターボで最大出力670ps/8000rpm、最大トルク77.5kgf-m/3000rpm、最高速度330km/h以上、0-100km/hは3秒、駆動形式はミッドシップ、トランスミッションは7速のF1 DCT、サイズは全長4568×全幅1952×全高1213mm、車重は1370kg。そしてお値段は3070万円!(税込) 今回のカラーリングは「ロッソコルサ」である。 フェラーリ「488 GTB」の主なスペック エンジン V型8気筒 排気量 3902cc 最大出力 670HP/8000rpm 最大トルク 77.5kgf-m/3000rpm トランスミッション 7速F1 DCT 最高速度 330km/h以上 0-100km/h 3秒 サイズ 全長4568×全幅1952×全高1213mm 車両重量 1370kg タイヤ(フロント/リア) 245/35 ZR20/305/30 ZR20 価格 3070万円(税込) 美しさと性能をハイレベルで両立させた凶暴で優しいプランシングホース!  スペックだけ見てもフラッグシップにふさわしいことがわかるが、乗ってみるとなぜ高性能なのかを実感できる。イメージ的に、MRのフェラーリは難しいという先入観があり、しかも試乗した日は雨が降っていたため、かなり慎重に運転した。つばさ嬢のインプレッションはのちほど動画がアップされるのでそちらを見てもらうとして、筆者が運転した限りでは電子制御がカバーしてくれるので雨でも安心で、すぐにいつも通り運転することができた。  ステアリングについているスイッチを「WET」モードにすると、アクセルの開度に対してじわっと速度が出るレスポンスなのでダイレクト感はないものの、うっかり乱暴にアクセルを踏んでしまってもリアがスライドしたりホイールスピンするなどのアクシデントには遭遇しなかった。このスイッチにはWETのほかに「SPORT」「RACE」があり、いわゆるノーマルの状態がSPORTモードである。  また、ボディーにドライバーが包まれる感があり、横幅も2メートル近いが、街乗りでも運転のしづらさを感じないどころか、運転しやすいとまで感じてしまった。  雨も上がったので、高速道路へ走りにいったのだが、渋滞になるとさすがに緊張感が走るが(ぶつけられないかとか)、クリアな状態だとまさに跳ね馬のポテンシャルを発揮してくれた。前回乗ったランボルギーニ・ウラカンもMRだったので同様の気持ちよさがあったのだが、車重が軽いぶん、488 GTBのほうが軽快で爽快だった。公道なので当然制限速度内で走っていたのだが、それでもこんな気持ちのいいコーナリングを体験できるのは、さすがはフェラーリだ。  F1のテクノロジーが詰まったという7速DCTのレスポンスもすばらしく、変速ショックはほぼなく、気がつくと最適のギアで走っている。回転数の一番美味しいところに常に合わせてくれているのだ。なので、加速も減速もスムーズ。パドルシフトを使って自分でも任意にギアを変えられるのだが、シフトダウンすると気持ちよくブリッピング(空ぶかし)して減速ショックをできるだけ消してくれる。何度でも言うが、走っていて本当に気持ちがいいのである。もちろん加速もぶっ飛んでいて、0-100km/hが3秒というのは伊達ではない。たとえば軽自動車ならアクセルべた踏みのところを、488 GTBなら数ミリ踏み込むだけ、感覚的には足の親指をちょっと踏み込むくらいで到達する。スペック的に当たり前の話ではあるのだが。  なぜこんなに気持ちがいいのか。筆者の感覚にはなるのだが、背後にあるエンジンの振動や熱、マフラーからのエキゾースト、アクセルとエンジンのレスポンス、クイックなハンドリング、強力に効くブレーキなど、これらに包まれたコックピットに座っているからなんだと思う。クルマを運転するうえでの楽しさがすべて詰まっていると言っても過言ではない。一般道で走っただけでこの高揚感なのだが、サーキットで走ったらもっと楽しいに違いない。  また、ASCII.jp的な話をすると、フェラーリはApple CarPlayを以前から採用しており、488 GTBも専用のボタンがあるなど、しっかりと対応している。有線接続だったが、Siriとの連動はかなり便利。フェラーリ純正のナビはやや不便な部分が多いのだが、iPhoneのナビを使えばその不便さは補える。iPhoneに入っている音楽を聴いたり、通話もできたりと車内でエンタメ性と利便性を両立させてくれるので、フェラーリに限らずApple CarPlay対応車種に乗ったら、一度は体験してほしい。 USBのソケットは2つあるが、右側はApple CarPlayを利用するためのもの iPhoneとケーブルで接続すると、ディスプレーにはご覧のようにApple CarPlayの画面が表示された USBのソケットは2つあるが、右側はApple CarPlayを利用するためのもの iPhoneとケーブルで接続すると、ディスプレーにはご覧のようにApple CarPlayの画面が表示された iPhone側でもApple CarPlayへの許可が必要になる。ちなみに、Siriを使える状態にしておかないとApple CarPlayは使えないので注意しよう iPhone側でもApple CarPlayへの許可が必要になる。ちなみに、Siriを使える状態にしておかないとApple CarPlayは使えないので注意しよう  スーパーカーの象徴、フェラーリ。小さい頃からの憧れが詰まったクルマは、ときに激しく、ときに優しく、そして安全に夢のようなドライビングプレジャーを感じさせてくれる、憧れそのままのクルマだった。 走行中でもこのスイッチを切り替えればモードを変更できる ほかのクルマと比べてもブレーキペダルが大きい。実際、踏み間違えそうになった 走行中でもこのスイッチを切り替えればモードを変更できる ほかのクルマと比べてもブレーキペダルが大きい。実際、踏み間違えそうになった ステアリングの左側にあるスイッチ。ディスプレーに表示される車体情報や走行距離、ブーストメーターや油温・水温といった情報を切り替える ステアリングの右側にあるスイッチは、おもにカーナビやオーディオなどを操作する。Apple CarPlayにダイレクトにアクセスするボタンも! バックモニターやフロントモニターもここで切り替える ステアリングの左側にあるスイッチ。ディスプレーに表示される車体情報や走行距離、ブーストメーターや油温・水温といった情報を切り替える ステアリングの右側にあるスイッチは、おもにカーナビやオーディオなどを操作する。Apple CarPlayにダイレクトにアクセスするボタンも! バックモニターやフロントモニターもここで切り替える エアコンのスイッチはアナログ。運転席と助手席でそれぞれ調整可能 センターパネルは上からバック(リバース)ボタン、マニュアルからオートに戻すボタン、ローンチコントロールボタン、そしてハザードスイッチだ エアコンのスイッチはアナログ。運転席と助手席でそれぞれ調整可能 センターパネルは上からバック(リバース)ボタン、マニュアルからオートに戻すボタン、ローンチコントロールボタン、そしてハザードスイッチだ シートの後ろには心ばかりの荷物スペースが 背後の視界はこんな感じ。つねにエンジンが見える シートの後ろには心ばかりの荷物スペースが 背後の視界はこんな感じ。つねにエンジンが見える 助手席側にはエンブレムがある 左右の窓の開閉はこのスイッチで行なう 助手席側にはエンブレムがある 左右の窓の開閉はこのスイッチで行なう フロントのトランクは意外にも深い。小型のスーツケースならすっぽり入りそう。ちなみに、スピーディー末岡のヘルメットは余裕で入った フロントのトランクは意外にも深い。小型のスーツケースならすっぽり入りそう。ちなみに、スピーディー末岡のヘルメットは余裕で入った つばさによる動画レビューもお楽しみに! つばさによる動画レビューもお楽しみに! ■関連サイト フェラーリ・ジャパン

見て美しく乗って強烈! 深紅の跳ね馬・フェラーリ「488GTB」

見て美しく乗って強烈! 深紅の跳ね馬・フェラーリ「488GTB」
© KADOKAWA CORPORATION 提供

ザテレビジョンの関連リンク

ザテレビジョン
ザテレビジョン
image beaconimage beaconimage beacon