古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

訂正:独与党連合の支持率小幅低下、SPDは変わらず=世論調査

Reuters のロゴ Reuters 2017/09/19 22:11

[ベルリン 19日 ロイター] - ドイツの週間世論調査によると、24日の連邦議会選挙を控えて、メルケル首相率いる保守系与党連合の支持率が前回から1%ポイント低下し36%となった。一方、社会民主党(SPD)の支持率は変わらずの23%となり、両者の差は縮まった。

調査は、世論調査機関フォルザがテレビ局RTLとシュテルン誌の委託で行った。

左派党の支持率は10%だった。企業寄りとされる自由民主党(FDP)と、反移民・反欧州を掲げる「ドイツのための選択肢(AfD)」の支持率は共に9%だった。緑の党は8%だった。

調査は9月11─15日に2501人を対象に実施。誤差は上下2.5%ポイント。

*19日配信の記事について、見出しと本文1段落目の「野党」を削除します。

Reutersの関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon