古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

豪貿易収支、5月は予想以上に黒字拡大 石炭輸出が急回復

Reuters のロゴ Reuters 2017/07/06

[シドニー 6日 ロイター] - 豪連邦統計局が発表した5月の貿易収支は24億7100万豪ドル(18億8000万米ドル)の黒字だった。黒字額は4月の9000万豪ドル(改定値)から急増し、市場予想(11億豪ドル)の倍以上となった。

大型サイクロンの被害で落ち込んだ石炭輸出が予想よりも速く回復したことが要因。

個人消費と企業支出に関する最近の指標と貿易統計を考慮すると、第2・四半期の豪国内総生産(GDP)は前四半期から伸びが加速する可能性が高い。

5月の輸出は前月比8.5%増、輸入は0.7%増だった。

5月の石炭輸出は62%増の50億豪ドルだった。世界最大級の石炭輸出地域であるクイーンズランド州では3月末のサイクロン来襲で鉄道網が破壊されたが、鉱山会社は急ピッチで石炭輸出の再開に取り組んだ。

液化天然ガス(LNG)の輸出は29%増。

ナショナル・オーストラリア銀行(NAB)のアナリスト予想によると、今年のLNG輸出額は270億豪ドルを超え、来年には350億豪ドルに近づく見通し。輸出額は石炭を抜いて、第2位となるとみている。

豪準備銀行(中央銀行)はLNG輸出が今年と来年のGDP伸び率をそれぞれ0.5%ポイント押し上げると見込んでいる。

Reutersの関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon