古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

超絶な吸引力! ケルヒャーの業務用クリーナーの威力はまさにサイクロン!

ザテレビジョン のロゴ ザテレビジョン 2017/05/16
超絶な吸引力! ケルヒャーの業務用クリーナーの威力はまさにサイクロン! © KADOKAWA CORPORATION 提供 超絶な吸引力! ケルヒャーの業務用クリーナーの威力はまさにサイクロン!

 ケルヒャーという会社をご存知だろうか? おそらく車所有率の高いASCII読者なら「なまらバカにすんな! 超有名会社だべさ!」と、ディスプレーの向こうで突っ込んでいるだろう。  もしくは「あほちゃうかい! スチームクリーナー毎日使ってまんがな! でんがな!」という方も多いはず。まあ、実際類似品もいろいろある中、ケルヒャーの高圧洗浄機は国内シェア60%を締めるナンバーワンらしい(2012年ケルヒャー調べ)。 ホームセンターの一角を真黄色に染めるケルヒャーの製品群 ホームセンターではあまり見かけない掃除機(湿式・乾式)もある ホームセンターの一角を真黄色に染めるケルヒャーの製品群 ホームセンターではあまり見かけない掃除機(湿式・乾式)もある K3モデル以降は、高圧洗浄機独特のポンプ音がほとんどしなくなった革新的モデル。これでお隣に気兼ねなくマンションのベランダ掃除ができるようになった ケルヒャーと言えば高圧スチームクリーナー! K3モデル以降は、高圧洗浄機独特のポンプ音がほとんどしなくなった革新的モデル。これでお隣に気兼ねなくマンションのベランダ掃除ができるようになった ケルヒャーと言えば高圧スチームクリーナー!  黄色とブラックがトレードマークのケルヒャーだが、実は業務用の特殊車両などの大手であることを知る人は少ない。ASCII.jpでは羽田空港の特殊車両などを紹介してきたが、ケルヒャーの特殊車両はさらに激レア。なぜなら活躍する時刻は、店舗や工場、駅やコンサート会場のシャッターが閉まってから稼動し始めるので、そこで働く人ですら見かけることは少ないのだ。 超大型のスイーパー! これに乗って仕事できるのは、かなりうらやましい ちょと小型の床清掃マシンも 超大型のスイーパー! これに乗って仕事できるのは、かなりうらやましい ちょと小型の床清掃マシンも  黄色い業務用機と日本一有名なドクターイエローは「見ると幸せになれる」と言われているが、それより超レアなケルヒャーイエローの業務用機は「見ると大臣になれる」(※編集部注 なれません)と、まことしやかに囁かれるほど。  そこで今回は、ケルヒャーの業務用機を偶然見かけてもあわてないように、そのラインナップの数々を紹介していこう。ちなみにこの取材は、去る4月20日~21日に関西で初となるケルヒャーオンリーイベント「ケルヒャーエキサイティングフェア」のときのもの。マジでエキサイトしたぜ! 何しろ面白すぎて6時間ほど取材しまくったほどだ。 もはや水流兵器!? コンクリを水で斬る! 超高圧洗浄機  家庭用の高圧洗浄機はすでにおなじみ。それどころか、毎週車を掃除している! 畑仕事の後のトラクターはケルヒャー! 家や農機具をブシャー! っとしている方も多いだろう。なにせケルヒャーと言えば、高圧洗浄機のトップメーカー。なかでも日本市場でのシェアは世界の中でもトップクラスだという。それだけに民生機は、日本を意識した低騒音でマンションのベランダを掃除してもとなりの家に水が飛び散らないなどに配慮した、日本向けモデルが用意されるほどである。  しかし、今回見せていただいた超高圧洗浄機は、防護めがね着用&爆音高圧のエンジン式高圧洗浄機だ。展示会は屋内で行なわれていたのだが、こいつだけはパワーが強すぎて屋外展示となっていた。 ホンダの660ccエンジンを搭載した超高圧洗浄機。足場に着いたコンクリをはがせるパワーを持つが、会話はほぼ不可能(笑) ホンダの660ccエンジンを搭載した超高圧洗浄機。足場に着いたコンクリをはがせるパワーを持つが、会話はほぼ不可能(笑)  パワーユニットはホンダの660ccエンジン。簡単に言うと軽自動車のエンジンで加圧して、水を超高圧にしている。これを使うと、工事現場などで足場についたコンクリートや塗料までそぎ落とせるのだ!  手で触ってもカチカチ、ドライバーの先でひっかいてもまったく取れないコンクリートの皮膜。まあ、頑張って手で取るとしたらハツリ工具(大工のノミの強力なヤツ)をハンマーで叩いてそぎ落とすぐらいしかない。でも洗浄機をデモらせてもらうとご覧の通り。 この汚れを見てケルヒャーの方も「これはかなり強烈ですねー」と この汚れを見てケルヒャーの方も「これはかなり強烈ですねー」と  しかしエンジン式の高圧洗浄機で、10cm/秒ぐらいでノズルを移動させると!スゲー! 洗浄機をかけたあとだけコンクリが吹っ飛んで、地の金属が見えてるジャン! 最近は見なくなったが、駅の階段に着いたガムの汚れを、スクレイバー(書き取る刃物系工具)でスウスイすくい取る見たいに取れちゃうのだ。  もう、デモンストレーターの方もドヤ顔!(爆笑)。おもに足場のレンタル会社などで使われるようだが、屋内に吹き付けた断熱材や表面材をハツる(剥がすこと)のにも使われているという。  でも水道代もかかるんでしょう? と思うが、実際はかなり少なめ。感覚的には、鉢植えの花にホースで水をあげるほどで、ほとんど水は使わないのだ。大量に噴射して見える水だが、超絞り込んで高圧にしているので、水の節約にもなる。 先端ツールいろいろでさまざまなシーンに対応する高圧洗浄機  先に紹介したエンジン式の高圧洗浄機以外に、モーター式の業務用モデルも数々用意されており、重機やトラックの汚れを清掃したり、工場や畜舎の清掃に使うモデルも多数ある。また船舶では、長年使っていると船底に着くフジツボをみるみる落とせるほどパワフルだ。 高圧洗浄機コーナー 高圧洗浄機コーナー  さて民生機のカラーリングは、黄色ベースでグレーと黒が使われているが、プロフェッショナル仕様はグレーがベースになっている。水圧と洗浄力、温水を噴出したりとさまざまな用途向けに、コンパクトなものから、セニアカー以上の大きさのものまでさまざま。会場では、水をぶちまけてデモするわけにはいけないので、カタログにあったさまざまな用途の高圧洗浄機をご覧いただきたい。  さまざまなシーンで活用でき、より早く、よりキレイにできる高圧洗浄機。デッキブラシとホースを使っている職場なら、業務用機の導入を考えた方がいいだろう。人件費、水道代ともに安くなるのは確実だ。  今回のエキサイティングフェアで目玉だったのは、配管内清掃ツールだ。冒頭の写真でもひときわ目立っているプールには、透明なパイプが用意されている。この中に、配管清掃用のツールを差し込むと、高圧水流で管内をキレイに洗い流してくれるというもの。 手元のトリガ部分と先端のホース。金属製のホースで自由に曲がる ホース先端の高圧水流が出る部分。自由に曲がり、曲がりくねった配管内をスムーズに進む 手元のトリガ部分と先端のホース。金属製のホースで自由に曲がる ホース先端の高圧水流が出る部分。自由に曲がり、曲がりくねった配管内をスムーズに進む  これまでの配管掃除と言えば、長いワイヤーの先にブラシが付いたものでゴシゴシやっていた。効率が悪いことは言うまでもないだろう。  しかし高圧洗浄機を使えば、つまりを取り除き同時に水洗いしてくれる。それだけでなく水流で自動的に奥に入り込んでいくので、トリガーを引くだけで大きな汚れから、管にこびりついた汚泥までもがキレイになるというわけだ。 先端ツールから延長ホース、専用洗剤にノズルまでさまざま。業務用の場合組み合わせが無限にあるため、選定は全国にあるケルヒャーのセンターに任せて欲しいとのことだ 先端ツールから延長ホース、専用洗剤にノズルまでさまざま。業務用の場合組み合わせが無限にあるため、選定は全国にあるケルヒャーのセンターに任せて欲しいとのことだ  また、各種用途向けの先端ルールやオプション類が豊富なのもケルヒャーの面白さ。説明を聞いたり、カタログと見比べるだけでも、かなり楽しめる。  このツールは回転するノズルが床を高圧洗浄する。丸い金属製のカバーが付いているので、必要以上に回りに水が飛び散らない ちょっと欲しくなる床洗浄マシン  床洗浄と言えば、真夜中にコンビニに買い物に行くと、クルクル回る床磨きマシーンをたまに見かける。ケルヒャーにも同様のマシンがラインナップされているが、超業務用向けが搭乗式のタイプだ。オール電動車両で鉛バッテリーを搭載し、走りは静か。スーパーや公共施設の掃除用に使われているという。 搭乗式の床洗浄マシン! これはちょっと欲しくなるかも? 底についている清掃・吸引ユニット 搭乗式の床洗浄マシン! これはちょっと欲しくなるかも? 底についている清掃・吸引ユニット  車両の下部には、床磨き用のブラシ、散布した薬剤をかき集め吸引する機構なども備えていて、走るだけで床掃除ができるようになっている。用途も多様で、普段は人が目にしないバックヤードや工場などの床掃除にも使われているということだ。また、工場も製造業だけでなく、食品加工工場などにも導入されている。  いずれも前方視界をよくすることで端まで掃除でき、安全性にも配慮している。実際に運転させてもらったが、自転車以上に小回りが効くのには驚いた。運転中は全方向にわたって視界が確保できているので、最小回転半径が小さくてもリアタイヤの位置を確認しつつ運転できる。乗ってて超楽しい床洗浄マシンだ。  しかも管理者用のキーと作業者用のキーがあり、管理者キーでのみさまざまなモードや掃く強さ、散布する薬剤の量や速さを設定できる。一方、作業者キーで運転すると、面倒な設定はすべて管理者モードで設定した値を引き継ぎ、誰が運転しても均一な掃除ができるという仕組みになっている。  とくに幅をコンパクトに、立ち乗り式にしたモデルは、空港などのゲートを通過できるため、日本全国のいたるところで導入されているという。  ただ残念なのは、このマシンが活躍するのは人が居なくなってからなので、スイスイ走り回る勇士をなかなか見るチャンスがないという点だ。 お寺でお坊さんが運転!? 大型スイーパー  業務用機でケルヒャーの得意分野がもう1つある。それがスイーパーだ。床に落ちたゴミを吸引・清掃するスイーパー。もちろん手押し式のラインナップも豊富にそろっているが、紹介したいのは男のロマン! 搭乗式。 ディーゼルエンジン式の大型スイーバー。エグゾーストもいい音してます! フロント部にダストボックスがあり、油圧で持ち上げて投棄できる ディーゼルエンジン式の大型スイーバー。エグゾーストもいい音してます! フロント部にダストボックスがあり、油圧で持ち上げて投棄できる うはーっ! 超カッコイイ! これも運転させてもらったが、3輪の後輪操舵なので幅の割りにチャリンコ並みの回転半径 うはーっ! 超カッコイイ! これも運転させてもらったが、3輪の後輪操舵なので幅の割りにチャリンコ並みの回転半径  ここまでくると、夜中に道路を掃除する道路公団の黄色いロードスイーパーを変わらないかも!? しかし圧倒的に違うのは、操作性の良さだ。実は道路公団のロードスイーパーを運転したことがあるのだが、油圧駆動(走行も油圧モーター)のため、何本ものレバーをたくみに操作しなければならなかった。しかし、ケルヒャーのスイーパーは、操作が簡単! 車を運転するのと変わらないのだ。  しかも大型車はディーゼルエンジン駆動でパワフル。ヘッドライトやウィンカー、テールライトをオプションでつけると、小型特殊として公道も走れる。  (上記の動画から)中央部分がフィルター部。上部についているゴムを膨らまし、エアーを抜くことで、フィルターを叩き掃除している  これらのスイーパーでもっとも注目すべきは、走行中にも聞こえる「バン! バン!」という破裂音。これは圧縮したエアーで、風船のようにゴムを膨らまし、一気にエアーを抜くことでフィルターに溜まった粒子状のゴミを落とすという機構だ。これによりフィルターの目詰まりを防ぎ、高い吸引力を維持できるというもの。 リアのエンジンルーム。左上に突き出しているのは、軍用車と同じ高部取り付けエアクリーナー! ホコリを吸わないよう高部にある エンジンのワキには油圧ジェネレータがある リアのエンジンルーム。左上に突き出しているのは、軍用車と同じ高部取り付けエアクリーナー! ホコリを吸わないよう高部にある エンジンのワキには油圧ジェネレータがある  主な導入先は、工場や駅、スタジアムやアリーナなどだが、全国の神社仏閣にも引き合いがあるという。それが落ち葉の処理だ!(なるほど!)大きな神社などに朝参拝に行くと、ブロアーで参道の落ち葉を道の脇へ飛ばしている光景を見かける。実はそのあとでスイーパーで一気に落ち葉を吸引掃除するというのだ。 右側のボックスがフィルター。そこから吸引用の配管が出ている。左側は動力のバッテリ。銀色の筒状のものは、フィルター掃除機構に圧縮空気を送るエアコンプレッサ- 下部の吸引ユニット 右側のボックスがフィルター。そこから吸引用の配管が出ている。左側は動力のバッテリ。銀色の筒状のものは、フィルター掃除機構に圧縮空気を送るエアコンプレッサ- 下部の吸引ユニット 一回り小さいタイプのスイーパーは電動式なので閉鎖空間や狭い場所もスイスイ走る 一回り小さいタイプのスイーパーは電動式なので閉鎖空間や狭い場所もスイスイ走る  担当さんの話しによれば、わざわざ専門業者を呼ばなくても、お坊さんや神主さんが、例の格好をしてコイツを乗り回しているという。うーむ、ぜひ見てみたい! 車持ちなら感動すら覚える湿式クリーナー  業務用機ながら車乗りならひとつ欲しくなるのが湿式のクリーナー(掃除機)。日本ではまだなじみの薄い湿式クリーナーだが、車のシートやフロアマットの掃除に最適だ。次の写真を見たら、ASCII読者の半数はケルヒャーの湿式掃除機が欲しくなること請け合い。 業務用クリーナーの数々 業務用クリーナーの数々  湿式クリーナーは、簡単に言うと簡易水洗いできる掃除機。あらかじめ洗剤を吹いたり、洗剤を拭きかけながら、ファブリック類を吸引すると、キレイな水ですすぎながら汚れを吸引してくれるというものだ。 廃車置場から拾ってきたようなシート(笑)に、まずは洗剤を吹きかける 30秒ほどしてからクリーナーで吸い込むと、汚れと洗剤とすすぎ用の水を吸ってくれる。新品のようにキレイに! 廃車置場から拾ってきたようなシート(笑)に、まずは洗剤を吹きかける 30秒ほどしてからクリーナーで吸い込むと、汚れと洗剤とすすぎ用の水を吸ってくれる。新品のようにキレイに! 数回すすぐと完全に汚れが落ちる。これは1回目。吸引している水がかなり茶色 2回目のすすぎは、ほぼ透明な水になった。汚れが完全に落ちた証拠 数回すすぐと完全に汚れが落ちる。これは1回目。吸引している水がかなり茶色 2回目のすすぎは、ほぼ透明な水になった。汚れが完全に落ちた証拠  おもに中古車のディーラーが使う機器という話しだったが、自分の車はもちろん、会社の汚い事務イスを掃除したくなる。さらにスチームクリーナーとあわせれば、洗剤を使わずに汚れを落とせるので、リビングのソファーやファブリック系に使うと、小さな子どもやペットにも安心だ。 ヘビーデューティーな掃除機で金属の削りくずもバリバリ吸い込む!  車乗りが欲しくなる湿式クリーナー以外にも、ケルヒャーには掃除機がある。ただし、ドラム缶サイズの巨大掃除機。部屋が旋盤で削った金属の切りくずで、安全靴なしでは歩けないというご家庭にピッタリのアイテムだ。 ドラム缶サイズの強力掃除機。金属の切削くずを吸い込む掃除機は多々あるが、どれもホースが切れたり、ダストボックスに穴が開いたりしてしまうという ドラム缶サイズの強力掃除機。金属の切削くずを吸い込む掃除機は多々あるが、どれもホースが切れたり、ダストボックスに穴が開いたりしてしまうという  ホースのカーブ部分は分厚い金属でできているので、金属性の切りくずを吸い込んでも削れることない。しかも切りくずを直上から吸い込んで、中のステンレス製のフィルターでキャッチする。外側の容器に切りくずが触れないため、何ヵ月か使っても容器に穴が開くなんてこともない。 ステンレス製のフィルターで切削油と切りくずを分離することも可能 ステンレス製のフィルターで切削油と切りくずを分離することも可能  そのまま切削くずを噴出したら、殺傷力のある武器になりそう  最新式のサイクロンがお好みの場合も、ちゃんとラインナップされているので安心してほしい。超巨大なサイクロンというか遠心分離機でゴミを空気を分け、ゴミを下のステンレス容器に溜めてくれる。こちらは小麦粉などの粉末を処理するのがメインだ。 粉末用サイクロン掃除機(笑) 下から覗くとサイクロン機構が! もうこのサイズだと遠心分離機って感じ 粉末用サイクロン掃除機(笑) 下から覗くとサイクロン機構が! もうこのサイズだと遠心分離機って感じ  ダストボックスの劣化が気になる場合は、既存のドラム缶に特殊なフタを付け、外付けの吸引機で吸い取るタイプも用意されている。 これならゴミ一杯のドラムごと破棄できるので便利 これならゴミ一杯のドラムごと破棄できるので便利 その他にも特殊な機材がわんさかで非常にエキサイティング!  とにかく多種多様の家庭用・業務用機を一同に集めたフェアなので、見どころ盛りだくさんだった。ほかに注目を浴びていたのは、ドライアイスブラストだ。詳細は「空港関係者も見たことない!? 羽田空港で激レア特殊車両を取材した!」の記事を参照してほしい。  簡単に説明すると、砂を高圧空気で噴射して、サビや塗装をはがしたり、ガラスを曇らせて模様を描くなどの加工方法がある。ドライアイスブラストは砂の変わりに、鉛筆の芯ほどの細いドライアイスの粒(長さ5mm程度)を使い、同様の加工をする。  滑走路などでは砂を撒くことができないので、誘導路灯の掃除にドライアイスブラストを利用していた。  また、薬剤を使用せずキレイにワックスを剥がすマシン(店舗用)や、毎度おなじみの丸型のワックスがけをしたり床をブラッシングするマシン。さまざまなオプションであらゆる床をキレイにするツールたちが展示されていた。 床材を傷つけずにワックスだけをこそげ取る特殊ブラシ 床材を傷つけずにワックスだけをこそげ取る特殊ブラシ 床材や用途に合わせたブラシもこんなにある 床材や用途に合わせたブラシもこんなにある  また、オフィスを簡単に掃除できる、電動モップなどもあり、これは個人でも変える便利グッズじゃん! 的なものも。 家庭用も業務用もケルヒャーセンターへGO!  使ってみないとわからない、デモを見てみないと使えるかわからない、自分の用途に合っているかわからない! とくに高圧洗浄機やスチームクリーナーは、使ってみないとわからないことが多い。  今回は家庭用から業務用まで一同に集めた大型イベントだったが、全国各地にあるケルヒャーセンターではいつでもデモが見られる。また、近所のホームセンターなどに出張してイベントを開催している場合がある。  もしこの記事で気になったものがあれば、これらに出向いてみるといいだろう。 ■関連サイト ケルヒャー ジャパン

超絶な吸引力! ケルヒャーの業務用クリーナーの威力はまさにサイクロン!

超絶な吸引力! ケルヒャーの業務用クリーナーの威力はまさにサイクロン!
© KADOKAWA CORPORATION 提供

ザテレビジョンの関連リンク

ザテレビジョン
ザテレビジョン
image beaconimage beaconimage beacon