古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

透過率80%の透明カラーディスプレイ JDIが開発、AR用途など見込む

ITmedia NEWS のロゴ ITmedia NEWS 2017/02/13
透過率80%の透明カラーディスプレイ JDIが開発、AR用途など見込む: 映像を表示した場合 © ITmedia NEWS 提供 映像を表示した場合

 ジャパンディスプレイ(JDI)は2月13日、透過率80%の4.0インチ透明カラーディスプレイを開発したと発表した。サイズがより大きな中型、大型のディスプレイにも技術を応用し、2018年度以降に量産を始める予定。

 4.0インチのディスプレイ(300×360ピクセル)。従来のカラー液晶ディスプレイでは必須だったカラーフィルターと偏光板を取り除いたことで、80%の透過率を実現したという。

 AR(拡張現実)コンテンツを現実世界に重ねて表示させ、「一体感のある表現が可能になる」(同社)という。ディスプレイを大型化することで、ショーウィンドーを使った広告や、車載ディスプレイなどへの活用を見込む。

 同ディスプレイは、NTTとパナソニックが共同開発しているポータブル端末の画面に採用され、「NTT R&Dフォーラム2017」(2月16〜17日、NTT武蔵野研究開発センタ)に出展される。

ITmedia NEWSの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon