古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

通りすがりに10分の静寂、NY中心部に「動く瞑想スタジオ」登場

Reuters のロゴ Reuters 2017/07/27

[ニューヨーク 26日 ロイター] - 米マンハッタン中心街に、トラックを活用した瞑想スタジオが登場した。メディテーション指導の資格を持つクリスティン・ウェストブルックさん(50)が主宰し、所有するRVトラックの車内で瞑想会を行っている。

この動く瞑想スタジオは「静穏の町」(Calm City)と名付けられて5月から運用を開始。ウェストブルックさんは、車をニューヨークのブライアント公園など数カ所に停め、心の疲れた通行人らを10分間の瞑想に招いている。収容人数は1回に9人までで、料金は10ドル(約1110円)。

通りすがりに10分の静寂、NY中心部に「動く瞑想スタジオ」登場 © REUTERS 通りすがりに10分の静寂、NY中心部に「動く瞑想スタジオ」登場 通りすがりに10分の静寂、NY中心部に「動く瞑想スタジオ」登場 © REUTERS 通りすがりに10分の静寂、NY中心部に「動く瞑想スタジオ」登場

瞑想の目的はストレス軽減。ウェストブルックさんは近隣の企業と協力して企業イベントを企画し、最終的には運用するトラックを増やして事業を拡大したいという。

動く瞑想スタジオの発想についてウェストブルックさんは「フードトラックのように手軽なものを提供し、ちょっと乗り込んで10分間静かに過ごし、長時間を費やすことも移動することもなく仕事に戻れるようにしたい」と語った。

Reutersの関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon