古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

速度は十分だがサービスの拡充が必要 日本通信のソフトバンクSIMを使って感じたこと

ITmedia Mobile のロゴ ITmedia Mobile 2017/03/25 06:00
速度は十分だがサービスの拡充が必要 日本通信のソフトバンクSIMを使って感じたこと: 日本通信は「b-mobile S 開幕SIM」として、ソフトバンクのMVNOを開始した © ITmedia Mobile 提供 日本通信は「b-mobile S 開幕SIM」として、ソフトバンクのMVNOを開始した

 ソフトバンクのネットワークを使った日本通信のMVNOサービスが、3月22日、ついに幕を開けた。サービス名称は「b-mobile S 開幕SIM」。同時に日本通信をMVNEとするMVNOが、料金プランなどを発表。代表的なところでは、U-NEXTのMVNOであるU-mobileが、「U-mobile S」を発表している。

 どちらも基本的な料金は同じで、データプランのみの展開だ。U-NEXTがヤマダ電機と合弁で設立したY.U-mobileのブランドである「ヤマダファミリーモバイル」なども、ソフトバンクのMVNOとしてサービスを提供する予定だ。

※記事内の価格は全て税別。

●紆余曲折をへて始まったサービス、料金は月額880円から

 日本通信の開幕SIMや、U-NEXTのU-mobile Sの料金は、1GBプランが880円、3GBプランが1580円、7GBプランが2980円、30GBプランが4980円。データプランのみとなり、iPhone向けでも音声通話が可能なプランは提供されていない。SMS機能もない、純粋にデータ通信だけが可能なSIMカードとなる。

 SIMカードはiPhone、iPad向けに分かれており、ソフトバンクのSIMロックがかかったiPhone 5以降のiPhoneでも利用可能となる。iPad向けは全機種で利用でき、古い端末向けにmicroSIMも用意されている。各MVNOのストアに加え、ヨドバシカメラやビックカメラ、コジマなど、量販店の一部でも販売。データプランのため、いわゆる2年縛りはなく、好きなタイミングで解約できる。

 この“SIMロックがかかったiPhoneでも使えること”に、日本通信はこだわってきた。勝算もここにあると見ているようで、日本通信の福田尚久社長は、1年間で100万契約という目標に掲げている。一方で、サービス開始は3月22日にずれ込んでしまった。本来、ソフトバンクのネットワークを使ったMVNOは、2016年中に提供されているはずだったからだ。その経緯を、福田氏は2月の決算説明会で次のように語っている。

 「昨年6月末の時点で、ソフトバンクと当社(日本通信)網の相互接続点での接続試験は終わっている。その時点で、SIMカードも納品されてきたので、6月末から7月頭にはサービスをローンチしようとしていたが、要望と違うものだと明確になった」

 この福田氏が述べていた要望というのが、ソフトバンクのSIMロックがかかった過去のiPhoneで使える仕様になる。いわゆる「MVNO向けSIMロック」がないSIMカードでサービスがしたかったというわけだ。現状、法律上は、大手キャリア(MNO)がMVNOにSIMカードを“貸与”するという立て付けになっている。貸し出すSIMカードに制約はないが、ドコモはMVNOにネットワークを解放した当初から、“ドコモのSIMカード”を貸し出していた。

 そのため、端末側からはドコモのSIMカードなのか、MVNOのSIMカードなのかの判別がつかず、結果としてドコモ向けにSIMロックがかかった端末でもMVNOのネットワークにそのまま接続できていた。これに対し、KDDIはVoLTEをMVNOに提供する際に、専用のSIMカードを発行。auの端末でもSIMロックを解除する必要が生じた。ソフトバンクもこれにならい、当初はMVNO専用のSIMカードを提供しようとしていた可能性がある。ソフトバンクはiPhone、Android、フィーチャーフォンと端末の種別ごとにSIMカードが分かれているため、ドコモのように、貸し出すSIMを1枚に絞れないという事情もありそうだ。

 こうしたMVNO向けSIMロックは、総務省のガイドラインが改正され、禁止されることになった。同時期の1月27日には、総務省の紛争処理委員会に対し答申が行われ、ほぼ全面的に日本通信の主張が認められた形になった。これを受け、日本通信は3月22日にソフトバンクのMVNOとしてサービスインすることを発表。紆余曲折を経て、冒頭述べたように、複数のMVNOがサービスの提供にこぎつけたのがここまでの流れになる。

●ドコモ系MVNOより料金は割高、現状の速度は十分

 鳴り物入りで始まったソフトバンクのMVNOだが、料金はドコモのネットワークを使うMVNOと比較すると、やや高めだ。データプランの場合、ドコモ系MVNOは3GBで900円が相場となっている。対する開幕SIMやU-mobile Sの3GBプランは1580円なので680円ほど高い。1GBプランを提供するMVNOの数は限られるが、これも499円に設定しているプラスワン・マーケティングのFREETELなどと比べると割高になる。

 ソフトバンクのネットワークを使うMVNOがまだ少ないため、競争が起こっておらず、料金プランの相場も確立されていない。接続料もドコモと比べると割高になっており、10Mbps辺りの価格はドコモが78万509円なのに対し、ソフトバンクは116万6697円となる。2017年度はさらに値段が下がり、キャリア間の差が縮まることが予想されているが、MVNOのユーザー数が、どこまで拡大するかも読みづらい。こうした事情が、価格に反映されている可能性はありそうだ。

 実際に、U-NEXTの「U-mobile S」を契約してみたが、サービス開始当初ということもあり、まだ一般のユーザーにはハードルが高いと感じた。データプラン専用ということもあるが、MVNOの間に広がりつつある「即時開通カウンター」はなく、基本的にはSIMカードを買ってきて、自らアクティベーションしなければならない。これ自体は慣れていればさほど手間はかからないものの、契約手続きは全て店頭で済ませてきたユーザーにとっては、難しいと感じるかもしれない。

 iPhoneの場合はドコモ系MVNOやau系MVNOでも同じだが、APNを設定するためのプロファイルもインストールしなければならない。これをしないと、自動でソフトバンクのiPhone向けAPNがセットされてしまい、通信ができない。プロファイルはU-NEXTのサイトに用意されているが、ダウンロードするためにはWi-Fi環境が必要となる。インターネットに接続したいのに、別のインターネット環境が必要というのは、やや本末転倒だ。テザリングができないのも残念だ。

 料金プランの選択にも頭を悩まされた。というのも、U-mobileでは、当初選択した料金プランから変更ができないからだ。あまり使わないことを想定して1GBにしようと思ったが、データ容量を使い切ったときに、追加購入する仕組みが設けられていないため、締日までずっと200Kbpsに速度が制限されてしまう。かといって、あまり使わなかったら、お金が無駄になる。日本通信の開幕SIMには、料金プランを変更するオプションがあるため、MVNOにもこうした機能は早急に提供してほしいと感じた。

 一方で、サービス開始直後のためか、スピードは十分な印象を受けた。iPhone 7にSIMを挿し、渋谷の事務所で何度か速度を計測したところ、いずれも下りは15〜25Mbps出ていた。通信に関しては「普通に使える」と評価できる。もっとも、ユーザー数が増えたとき、同じだけの速度を維持できるかは未知数となる。この点は、MVNOのU-NEXTだけでなく、MVNEである日本通信にとっての課題といえるかもしれない。

●対象となるiPhoneは限定的でサービスの拡充が必要

 では、ソフトバンクのSIMロックがかかったiPhoneで使えるという売りは、どこまで魅力的なのか。iPhone 6s以降については、SIMロック解除の対象になっているため、料金を下げようと思った際の選択肢は、ソフトバンク系のMVNOだけではなくなる。購入から半年経てばSIMロックを解除でき、どのキャリアのSIMカードでも選択できるからだ。この場合、どうしてもソフトバンクのエリアでないと困るという特殊なケースを除けば、料金プランがより安く、事業者も多彩なドコモ系MVNOを選ぶのが自然だ。

 となると、このサービスに魅力を感じるのは、ソフトバンク版のiPhone 5、5s、5c、6、6 Plusの所有しており、今後も同じ端末を使い続けたいユーザーになるだろう。しかも、今のプランだと、音声通話を使わないでいいというユーザーに限定される。必然的に1台目の端末にはしづらく、2台目の予備端末として使ったり、子どもに渡す際の通信として使ったりはできるが、対象となるユーザーは少なくなりそうだ。どちらかというと、現状のプランはiPad向きといえるが、iPhoneに比べ、セルラー版iPadの市場は大きくない。

 日本通信はソフトバンク系MVNOの“潜在市場”を427万契約と推計していたが、これは、「ドコモと同じMVNOの浸透率を、(ソフトバンクのスマートフォンユーザーの数)に掛け合わせたもの」(福田氏)で、あまり精緻な市場予想とはいえない。ソフトバンクのサブブランドであるY!mobileに流れた(流れる)ユーザーや、すでにドコモ系MVNOに移ったユーザーの数も考慮されていないため、市場の規模はもっと小さくなるかもしれない。

 ソフトバンク系MVNOにとっては、「iPhone SE」の存在も逆風になるかもしれない。Y!mobileとUQ mobileは、3月25日に、Appleが新たに発表した32GB版と128GB版のiPhone SEを発表した。Y!mobileの場合、価格は32GB版が実質2万5920円、128GB版が3万8880円(MNPの場合)。UQ mobileは32GBのみとなり、実質価格は2万5920円となる。1年間限定だが、どちらのキャリアでも、最安プランを選ぶと、端末代を含めて2980円という価格で利用できる(2年目以降は1000円料金が上がる)。

 iPhone 6、6 Plusは発売から約2年半がたっており、平均利用期間を考えると、機種変更を考えるユーザーが徐々に増えている状況だ。ソフトバンクの過去のiPhoneを利用しているユーザーが、これを機にiPhone SEに乗り換えるというシナリオも十分考えられる。ソフトバンクのiPhone 5sユーザーにとっても、有力な選択肢になりそうだ。Y!mobileやUQ mobileは、これまでiPhone 5sしか販売していなかったが、iPhone SEをラインアップに加えたことで、「さすがに同じ機種に機種変更するのは……」とためらっていたユーザーも取り込めるかもしれない。

 ソフトバンク系MVNOはサービス開始直後で、まだ助走段階といえる状況だが、実際に使ってみた限りでは、早急に内容を充実させていく必要がありそうだ。また、Y!mobileやUQ mobileの動向も踏まえると、ソフトバンクのiPhone頼みになっているのも、心もとない印象を受ける。今ではどのキャリアも十分エリアが広がり、ネットワークでの差別化はしづらいかもしれないが、ドコモ系MVNOと比べてもそん色ないサービス内容にしていかなければ、早晩立ち行かなくなってしまうおそれがある。ソフトバンクのiPhone以外の売りをどう立てていくのかは、各MVNOの腕の見せ所といえる。

ITmedia Mobileの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon