古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

進化するGoogle マップ、新機能の開発の裏側

ザテレビジョン のロゴ ザテレビジョン 2017/08/21
進化するGoogle マップ、新機能の開発の裏側 © KADOKAWA CORPORATION 提供 進化するGoogle マップ、新機能の開発の裏側

グーグル・シニア エンジニアリング マネージャーの後藤正徳さん グーグル・シニア エンジニアリング マネージャーの後藤正徳さん  多くの人が日常的にお世話になっているグーグルのサービスの代表であるGoogleマップ。その機能の多くは、ここ日本で開発されている。だが、あまりにも日常になりすぎて、今どんなところが進化しているのか、ちょっとわかりづらい。  そこで2回に分けて、Googleマップの新機能とその方向性について、開発者のインタビューをお届けする。お話いただいたのは、グーグル・シニア エンジニアリング マネージャーの後藤正徳さんと、ソフトウエアエンジニアの平澤恭治さんだ。 Android版UIの変化から今後のGoogleマップが見える  現在のGoogleマップでもっとも力を入れ、大きな変化となっているのがUI、特にAndroid版でのUIだ。今年の2月より「Swipe Up」と呼ばれる操作体系が導入された。これは、現在の場所の近くにどのようなスポットがあるか、ここから自宅やオフィスに移動するならどのくらいの時間がかかるか、といった情報を、画面を上にスワイプするだけで呼び出せるものだ。このUIを導入した理由を、後藤さんは「もっとアシストできるようにするため」と説明する。 後藤さん Googleマップは「どこかに行きたい」「そこを探して行く」「到着したらその場所で使う」ということを強く意識して開発しています。 前は地図があり、検索バーがあり、メニューなどのボタンがある程度でした。それでも、地図を見て行き先を決める、という基本に忠実な使い方であれば使えるんです。」それだけでは、機能も見つけにくいですし、どう使うべきかがわかりづらい。  特に、行きたい場所ややりたいことがぼんやりしている時には使いづらかった。それを解決するUIとしてSwipe Up UIを導入しました。このUIでは、場所と時間に応じて候補を提示します。ランチタイムなのか夕食時なのか、どこにいるかなどを勘案して表示します。地図と場所をうまくつなげ、どうしたら簡単に、途切れなく探せるだろうか……という考え方で導入したものです。「もっと人々をアシストしよう」というのがグーグルの考え方で、単に地図を検索するだけでなく、それ以上にこちらから場所を提案して、「よりあなたに向いた地図」、パーソナライズされた地図を提供しようとしています。 もちろん同時に、その場所で誰もが求める情報も出します。例えば空が陰ってきたら雨の日に向いた情報を出すだとか、そういうこともこっそりやっています。  これは、地図をベースとしたサービスが次の段階へ向かうための第一歩と言える。現在我々は、自分でやりたいこと・見たいことを考えてからアプリやサービスを使っている。しかし一方で、「なにをしたいか」「どこへ行きたいのか」を考える段階でも、毎日同じようなことに思考力と労力を使っている。そもそもそれは面倒だ。グーグルは、スマートフォンなどで「Googleアシスタント」を使っている。Googleアシスタントは音声応答機能が注目されがちだが、狙いはそこだけにあるのではなく、「その人がやろうと思うこと」「そこで多くの人がやろうとすること」を先回りして提示することで、情報やサービスをより使いやすくし、利用量を増やすことを目的としている。  その観点で見れば、Googleマップも歩調を合わせ、進化点を「アシストする」ことに定めた……と言えるわけだ。現在のGoogleマップでは「モバイル版の方が利用量は多く、GPSなど、使える情報も多い」(後藤さん)ため、そこが進化の軸になってきている。 Googleマップの便利な新機能〜旅先でローカルレビューを日本語で読む  言葉の分からない旅先でカフェを探したい場合、現在地を表示したGoogleマップで「カフェ」と日本語で検索すればOK。さらに現地の言葉で書かれたローカルレビューは、端末で利用している言語に自動で翻訳される。いまのところ、Google翻訳が対応している、103言語に対応している 気になる場所を開けば、レビューは自動的に元の言語とともに、翻訳される。テキストをコピペする必要がなく、地元のレビューを読むことができる 気になる場所を開けば、レビューは自動的に元の言語とともに、翻訳される。テキストをコピペする必要がなく、地元のレビューを読むことができる 選んだ店をスクロールすると、グーグルが取得した情報量によって混雑状況などが表示される 選んだ店をスクロールすると、グーグルが取得した情報量によって混雑状況などが表示される 機械学習も使って「質問」を用意  現在のGoogleマップを見ると、店舗などの地点情報として、かなり多彩な情報が表示されるようになっていることに気付く。その店がどんな店舗なのかはもちろん、どういう時に向くのか、何時にどのくらい混雑しているのか、といった情報が出るようになっている。 後藤さん 店舗の混雑情報などは、交通機関の混雑状況などと同じように、ユーザーの利便性を考えて出すようになりました。一方で、それらがすべて「自動的に」判別されているか……というとそうでもないんです。店舗に「どのくらいの時間いるのか」ということは、いかにも位置情報から自動判別できそうに思えるのですが、そうではありません。時々質問を出して、そこに答えてもらう形で情報を集めています。  Googleマップのアプリを使っていて、アプリから「質問に答えて欲しい」というポップアップを受けた経験のある人はいないだろうか? 現在のGoogleマップでは、滞在した場所などの情報を、ユーザーに時々問いかけるようになっている。もちろん、答えるか否かはユーザーの判断によるもので、完全なボランティアベース。答えても答えなくてもマイナス要素はない。  しかし、そうやって少しずつユーザーから地点情報を集めていくことで、マップの上に「地名」だけでない価値を積み上げているのだ。  ではどうやって、誰に、どんな風に質問を出しているのだろう? 後藤さん 社内でも半分研究開発のレベルでやっているのですが……。 いろんな人が色んな意見を出します。属性によっても人によっても異なります。それを計算し、「どのくらい確からしいのか」も算出していたります。あまり質問を出し過ぎてもつらいですし、どういう質問を出すべきか、ということも重要です。なのでそうした部分を、機械学習など様々な力を使い、最終的にはユーザーに使いやすい属性に変える……ということをやっています。 質問機能自体は相当昔から研究開発していたのですが、製品に入れてきたのはここ1〜2年くらいですかね。具体的に誰にどんな質問が出るのかは、日々色々トライアルもしていて変化するため、細かい点はお伝えできないのですが、心地よく答えてもらえるように、工夫しています。 軸になる「ロケーション履歴」機能  もちろん、これらの機能を理想的に使うにはいくつかの前提条件がある。ひとつ大きいのは、Googleアカウントの「ロケーション履歴」をオンにしておくことだ。ロケーション履歴とは、スマートフォンから得られる自分の位置をグーグル側に記録する機能。もちろん、自分以外に公開されることはない。自分のGoogleアカウントをのぞかれない限り、他人は見られない。  グーグルは各種アシスト機能について、この情報を軸に提供する。自宅やオフィスといった「よく行く場所」「長時間いる場所」は自分で登録することもできるが、ロケーション履歴からも自動判別される。本質的には、サービス全体の品質向上と、あなた個人への情報提供に使われるものであり、プライバシーは配慮されている。  一方で、グーグルにすべての情報を記録されたくないので、設定をオフにしている人もいるだろう。そこは個人の判断だ。グーグルとしては、いかに「オンにすることで便利になるか」をアピールする必要があり、Googleマップの進化は、そのひとつといえそうだ。 ■関連サイト Google マップ

進化するGoogle マップ、新機能の開発の裏側

進化するGoogle マップ、新機能の開発の裏側
© KADOKAWA CORPORATION 提供

ザテレビジョンの関連リンク

ザテレビジョン
ザテレビジョン
image beaconimage beaconimage beacon