古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

遊戯王カード「ルール変更」で買取価格に影響? カードショップが買取を一時的に見合わせる

エキサイト Bit のロゴ エキサイト Bit 2017/02/20 和泉涼

熱狂的なプレイヤー(デュエリスト)が多いカードゲーム「遊戯王」(遊戯王アーク・ファイブ オフィシャルカードゲーム)。世界一販売枚数の多いトレーディング・カードとしてギネス認定されているほど大人気のカードゲームだ。

© Excite Bit 提供

しかし、2月21日発売の『Vジャンプ 2017年4月号』(集英社)でルールが大幅に改定されると、発売日前に雑誌を手に入れたユーザーが拡散。これがカードの買取価格にも影響を及ぼすのではないかとSNSで話題になっている。

新ルール「リンク召喚」とは?

今回のルール変更で最もデュエリストたちを驚かせたのが、新ルール「リンク召喚」。簡単に言うと、今まで召喚できていた強いカードの召喚数が大幅に制限されるということ。新ルール適用から、「エクストラモンスターゾーン」と呼ばれるエクストラデッキのモンスター(以下、EXモンスター)専用の場所が登場するのだが、これはプレイヤー1人につき1つだけ。ということは、これまでデュエルで大活躍してきたEXモンスターたちは一度に1体しか使うことができない。

その代わり、新しいカード「リンクモンスター」と呼ばれるモンスターが導入されることに。これをEXモンスターゾーンに出せば、従来のモンスターゾーンに新たなEXモンスターを召喚することができる。つまり2体以上のEXモンスターを出すにはこうしたリンク召喚という一手間を加えなければならず、これまでのようにEXモンスターメインで戦うことは難しくなる……。

これには、SNSを中心に「俺たちデュエリストはどうすればいいんだよ…」「遊戯王の新ルール俺には関係ないと思っていたが、確認したらこのデッキ終わったわ」と嘆きの声が上がっている。

EXモンスターの大量召喚不可に

遊戯王と言えば、EXモンスターをはじめレアカードに高値がつくことが珍しくなく、中には数万円、数十万円の値がつく超高価なカードが存在するほど。しかし新ルールが適用されることで、EXモンスターの召喚数が限られるなど環境が大きく変わり、今まで高価だったカードを持っていても必ずしも有利ではなくなる。

この情報を受けて、カードショップでの価格も変化。遊戯王カードの買取・販売を行ってきたトレーディングカードショップでは、ルール改定によってカードの買取を一時中止する店舗が続出。数千円で買い取られていたカードの値段が、ルール変更のあおりを受けて下がっているケースも。

「トレトク」というカードの買い取りサイトでも、「2月17日に遊戯王最新情報を掲載しているサイトにて、ルール改定の情報がありました。現在、下記高価買取リストを含む全ての買取価格の保障はできませんので、予めご了承下さい」という表記が出ている。

だが2月20日、買取を見合わせていた複数のカードショップが続々と買取を再開する旨のツイートをするなど、落ち着きを取り戻しつつあるようだ。

エキサイトBitの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon