古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

違法コピーしたOffice入りPC、「メルカリ」で販売 夫婦を逮捕

ITmedia NEWS のロゴ ITmedia NEWS 2017/09/28

 大手ソフトメーカーで構成するソフトウェア著作権団体Business Software Alliance(BSA)によると、兵庫県警は8月31日、フリマアプリ「メルカリ」で、Officeのボリュームライセンス版「Office Professional Plus 2013」を違法に複製・インストールしたPCを販売していたとして、岡山県内の夫婦を著作権法と不正競争防止法違反の疑いで逮捕した。

 2人は、オークションサイトで購入した中古PC(購入価格1万5000円〜2万円程度)に、「Office Professional Plus 2013」の試用版をクラックしたソフトをインストールし、メルカリに出品。2016年12月ごろから17年5月ごろにかけ、兵庫県や東京に住む3人に、3万7800円〜6万3800円で販売していた疑いがもたれいる

 兵庫県警は、Officeを違法に複製した中古PCの販売について、米Microsoftの著作権(譲渡権)侵害に当たると判断。また、販売したPCに残っていたクラックソフトの提供が、不正競争防止法違反にそれぞれ当たると判断した。

 被疑者の男は2015年9月、クラックプログラムを販売したとして、不正競争防止法違反の罪で懲役2年(執行猶予5年)、罰金200万円の有罪判決を受けている。

 BSA日本担当共同事務局長の松尾早苗氏は、「違法複製プログラムの販売は、ネットオークションにとどまらず、フリマアプリにまで拡散している。今回の逮捕は、このような実情を踏まえ広く捜査の網を広げるものだ」とコメントしている。

ITmedia NEWSの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon