古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

遠野なぎこ電撃再婚も周囲は不安一色……お相手男性は「奥手で優しすぎるタイプ」

サイゾー のロゴ サイゾー 2014/05/14 Cyzo
Photo © Cyzo 提供

 3月に知り合ったばかりの元プロボクサーと5月5日に電撃結婚した、遠野なぎこ。7股交際を告白したり、結婚わずか2カ月で電撃離婚した過去から、「大丈夫か」という心配の声が尽きないが、実はお相手の元ボクサーにも同様の声があるという。

 遠野が結婚したのは4歳年上のバー経営者Aさん。こちらは初婚。3月5日に友人の紹介で知り合ったが、わずか2カ月の交際でスピード入籍した。記者会見で遠野は「19年間、摂食障害があったんですが、彼と出会って一度も嘔吐しなくなった」と、ゴールインを決めた理由を説明。遠野をよく知るタレントによると「相手男性はどんな態度をとっても穏やかに接する柔らかい人」だというから、心の底から安心できる男性にめぐり合ったという感じだが、このAさんにも「本当に結婚生活を続けられるのか」という話がある。

「Aさんはプロボクサーとしては地味でしたが、人当たりがよくて誰からも好かれるタイプ。ただ、女性に対しては奥手で、友人たちからは“草食系”のレッテルを貼られていました。前に彼が恋をしていた女性とは、お友達関係のまま、キスひとつできずに終わったこともあるほど。一方で人の誘いを断りきれないようなところもあって、今回は遠野さんが一目惚れしてかなり熱心にプッシュされていたようなので、彼は確信が持てないまま押し切られた感じがしてならない」(Aさんの友人)

 また、Aさんが客商売をしている以上、本来は遠野が妻として支えなければならない部分もあるが「交際開始後も遠野さんは、彼の経営する店で空気も読まずに周囲にノロケまくって、ひんしゅくを買っていた」という声もある。

「その場にいた女性客は引いていましたし、店の雰囲気が変わった感じもしました。Aさんが優しいからトラブルになることはありませんが、今後に不安を覚えたのは1人や2人じゃないのでは」(同)

 そもそも遠野は今年2月、テレビ番組内で交際相手との破局を明かし、号泣したばかり。その前もテレビ番組で“好きな芸人の男性ができて7股交際をやめた”という話をしていたが、「数日後には“やっぱり好きじゃなくなった”と一転していた」とテレビ関係者。

 遠野を知る前出タレントも「彼女は恋愛話で人の注目を集めることがやめられないタイプで、7股交際もそれが原因だった。今回も電撃結婚で注目を浴びるのはいいけれど、心変わりしやすいので、そのときに彼がフォローしきれるかどうか」と話す。

 遠野本人は「今回は自信がある」とは言うものの、相手男性の友人たちまでも不安一色というのは、やはり心配せずにはいられない。私生活がどうなろうが話題提供し続けるという意味では遠野自身はタレントとしてはアリなのかもしれないが、お相手は大変そうだ。(文=鈴木雅久)

※画像は『摂食障害。食べて、吐いて、死にたくて。』(ブックマン社)

サイゾーの関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon