古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

都議選の結果、内閣改造時期や政権運営に影響ない=菅官房長官

Reuters のロゴ Reuters 2017/06/30

[東京 30日 ロイター] - 菅義偉官房長官は30日の閣議後会見で、7月2日に投開票が行われる東京都議会議員選挙の結果が、内閣改造の時期や政権運営に与える影響はないとの見解を示した。

稲田朋美防衛相が都議選候補の応援で「自衛隊としてお願いしたい」と発言したことや、下村博文自民幹事長代行への加計献金報道などが自民党への逆風となると予想されるなか、都議選の結果が改造時期や政権の運営に影響するかとの質問に菅官房長官は「地方選挙の一つだ。まったく考えていない」と述べた。

都議選の結果、内閣改造時期や政権運営に影響ない=菅官房長官 © REUTERS 都議選の結果、内閣改造時期や政権運営に影響ない=菅官房長官

菅官房長官はまた「都議選では、都民が直面する地域の課題に関心があるのではないか。社会保障政策や首都直下地震対策、東京オリンピック・パラリンピック開催に向けた態勢作り、巨額の建設費に加え、維持費がかさむ豊洲問題。こういうことについて具体的な対応が求められる選挙だと思っている」と語った。

(石田仁志)

Reutersの関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon