古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

金正恩氏は「核兵器持つ狂人」、トランプ氏が比大統領に=文書

Reuters のロゴ Reuters 2017/05/25

[ワシントン 24日 ロイター] - トランプ米大統領がフィリピンのドゥテルテ大統領との間で先月行った電話会談の中で、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長について、自由にさせられない「核兵器を持った狂人」と表現していたことが分かった。

フィリピン側の会談記録が流出した。

ワシントン・ポスト紙と調査報道を手掛けるニュースサイト「インターセプト」が報道した会談記録によると、トランプ大統領はドゥテルテ大統領との4月29日の電話会談で、米国は「北朝鮮に対処する」と述べた上で、この地域に大量の火力を有しているが、使用したくはないと語った。

金正恩氏は「核兵器持つ狂人」、トランプ氏が比大統領に=文書 © REUTERS 金正恩氏は「核兵器持つ狂人」、トランプ氏が比大統領に=文書

文書はフィリピン外務省米州局から流出し、表紙には「部外秘」と記されている。

米政府高官は、トランプ政権は会談記録の正確性を議論しないとし、それ以上のコメントは避けた。

会談記録によると、トランプ大統領は北朝鮮抑止で中国に働きかけるためドゥテルテ大統領に支援を要請。「われわれは核兵器を持った狂人をこのように自由にさせることはできない」と発言した上で、「われわれには大量の火力、彼(金委員長)よりも20倍の火力を有しているが、それを使用したくはない」と述べた。

フィリピン外務省はこれまでに公表した声明で、流出した会談記録に関する報道にコメントしないとしている。ただ、フィリピン法の下で「ハッキングや、機密の政府資料を不正に公開したり、利用したりすることには刑事的、民事的な責任が伴う」としている。

Reutersの関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon