古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

銀行と結託、日本人狙う

毎日新聞 のロゴ 毎日新聞 2014/05/02 00:29 毎日新聞
Photo: 巨額投資被害の構図 © 毎日新聞 巨額投資被害の構図

 米資産運用会社「MRIインターナショナル」が顧客から預かった多額の資産を消失させた疑惑で、同社がハワイに銀行口座を持つ日本人富裕層を狙い、出資を募っていたことが、証券取引等監視委員会や米証券取引委員会(SEC)の調べで分かった。ハワイに米国銀行の行員らで作る「勧誘部隊」を配置していた事実も把握している模様だ。米国では民事訴訟手続きが先行しているが、SECは刑事訴追も視野に、米司法省と連携して解明を進めている。【牧野宏美】

 監視委などによると、ハワイに預金口座を持つ日本人に対する勧誘は、MRI社が設立された1998年ごろから始まった。定期的にハワイを訪れる日本人観光客は、現地で滞在費用を調達するため口座を開設していることが多く、MRI側は重点を置いて勧誘を開始したとみられる。

 ハワイでの勧誘は10年以上続いていたとみられ、被害者の一人は2008年ごろ、米銀行を訪れた際、行員から「定期預金にするよりMRIに出資する方が利率が良い」などと勧められて投資を決めた。被害弁護団は「社員だけではなく行員が勧めることで客を安心させていた」とみる。ハワイには、行員以外にも投資家を勧誘する関係者がいたという。

 既にMRIに投資をしている客に対しても、米銀行への口座開設を熱心に勧めていたことも新たに分かった。被害弁護団によると、日本の銀行口座で資産運用していた元会社員男性が、MRI日本支社の担当社員に「MRIから配当金を受け取ったら税務署に課税された」と伝えたところ「米銀に口座を開設し、配当を受け取れば税金はかからない」と言われた。男性は10年ごろ渡米し口座を開設。対応したハワイの女性行員は「MRIの多くの客に口座を開いてもらった」と話したという。

 実際には、米国で口座を開設しても、一定以上の利益が出た場合、課税は免れない。MRI側は顧客をつなぎとめるために虚偽の事実を伝え、口座を開設させていたとみられる。

 MRIのエドウィン・ヨシヒロ・フジナガ社長(67)は03年に社長になる前、ハワイの銀行に勤めていた。日本支社長も当時ハワイで旅行代理店を営んでおり、取引先銀行の担当者であるフジナガ社長と親しかった。監視委やSECは、ハワイが資金集めの拠点の一つだったとみている。

 ◇1.2億円投資の61歳「真相知りたい」

 証券取引等監視委員会が強制調査に乗り出してから1年。約1億2000万円をつぎ込んだ東京都の元会社員男性(61)は「全資産だった。後悔している。電車に飛び込もうかと考えてしまう」と語る。

 サラリーマンだった約6年前、知人の紹介で投資を始めた。初回は750万円の投資だったが、MRI日本支社の担当者に「毎年追加投資すれば、定年後は配当だけで悠々と生活できる」と繰り返し説得された。食費を切り詰め、退職金もつぎ込み、総額約1億2000万円を出資した。

 配当金を受け取ったこともあるが、ほぼ全額を再投資に充ててきたため、現在は「無一文の状態」。妻の実家に身を寄せ、月3万〜4万円のアルバイト代と約5万円の年金で暮らす。妻との折り合いも悪くなり会話はほとんどない。不整脈で通院を重ねる日々だ。

 4月5日に都内であった被害弁護団の説明会で、これまでに見つかっているMRI関係の資産が「数十億円」と聞いてがくぜんとした。集めたとされる資金よりも2桁も少ない残金に「わずかな可能性に望みをつないできたが、完全にだまされたと分かった」。民事訴訟も刑事事件も主な舞台は米国で情報は乏しい。「真相が知りたいがどんどん風化していく」と焦燥感を募らせた。

 ◇MRI巨額資産消失疑惑を巡る経緯

1998年7月

ラスベガスにMRI設立

2003年8月

エドウィン・ヨシヒロ・フジナガ氏が社長就任

 13年

4月 金融庁が金融商品取引業者の登録取り消し。証券取引等監視委員会が強制調査

5月 被害弁護団が社長を詐欺容疑などで告訴・告発

6月 出資者が元金返還を求め東京地裁に提訴

7月 出資者が賠償を求め米ネバダ州連邦地裁に提訴

9月 米証券取引委員会(SEC)の申し立てを受け、ネバダ州連邦地裁が同社と社長に資産凍結を命令

 14年1月

東京地裁が「訴訟の管轄権は米国にある」として出資者の訴え却下

 【ことば】MRIインターナショナル

 米国で診療報酬を保険会社などに請求する権利を債権化した「MARS」を年利6.0〜8.5%の高利で運用できるとうたい、1998年以降、日本の顧客に金融商品を販売。証券取引等監視委員会によると、少なくとも2011年以降は出資金の大部分を運用せず、他の顧客への配当金などに流用していた。MRIは「12年末時点で約8700人から約1365億円を集めた」と説明している。

毎日新聞の関連記事

image beaconimage beaconimage beacon