古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

関係者が本当に復活を願う「TVから消えた芸能人」4人!アノ有名子役も…

TOCANA のロゴ TOCANA 2017/05/02 株式会社サイゾー

 ベッキーとの不倫騒動や今も交際継続中とされるほのかりんの未成年飲酒(当時)騒動などで活動を休止していたロックバンド・ゲスの極み乙女。のボーカル・川谷絵音が4月16日に活動再開を宣言した。ゲスの極み乙女。はアルバム『達磨林檎』を5月10日にリリース。同日に東京・台場のZepp Tokyoで約5カ月ぶりに復活ライブを開催する。

 極楽とんぼ・山本圭壱も昨年11月、よしもとクリエイティブ・エージェンシーの所属タレントとして復帰した。山本は2006年、10代の少女に対して飲酒行為と性的暴行に及んだとして同事務所から契約解除を通告されていた。

 不祥事から復帰するタレントが続々と現れるなか、人知れずひっそりと芸能界から足を洗うタレントも少なからず存在している。復帰が望まれているにもかかわらず、その声が本人には全く届いていないかのような芸能人たちを紹介したい。

【画像はコチラ→http://tocana.jp/2017/05/post_13067.html

■伊東美咲

 伊東美咲は2000年代に映画やドラマなどに数多く出演していた女優だ。映画では『海猫』、『Life 天国で君に逢えたら』、ドラマでは『電車男』『ラブコンプレックス』、『サプリ』(ともにフジテレビ系)などが思い出される。しかし、2009年には大手パチンコ機器会社・京楽産業.社長の榎本善紀と結婚し、翌年に出産。芸能活動を休止した。ところが2014年に雑誌『Como』(主婦の友社)などに登場し、公式ブログをスタート。本格的に芸能活動復帰かと思われたが、今のところブログ以外の露出がない。2015年に第2子を出産していることから、しばらくは露出を控えるのではないかと思われる。

■桜井幸子

『高校教師』や『人間・失格~たとえば僕が死んだら』、『未成年』(すべてTBS系)など野島伸司脚本作品の常連だった女優・桜井幸子は2009年に突如として所属事務所の公式ホームページ上において芸能界引退を表明した。

 引退理由について桜井は「十数回海外の仕事を頂き、また、数回の海外留学の経験をさせて頂きました。これらの経験が契機となり、数年間考えた末に今回の決断に到りました」と綴っており、結婚も出産も関係ない。いつの間にかひっそりと引退した感が否めない。筆者が野島にインタビューをした時に「桜井幸子らしい辞め方だったね」と語っていたのが印象的だった。

■大橋のぞみ

 2月、天才子役の名を恣にしてきた芦田愛菜が難関名門中学に合格したことが話題になったが、その一世代前に有名だった子役は大橋のぞみだった。2007年に映画『崖の上のポニョ』の主題歌で歌手デビューを果たした後、各局のテレビドラマに出演。しかし2012年3月に学業優先を理由に引退した。今でも知名度は高いはずなので、いささかもったいないように思える。

© TOCANA 提供

■中森明菜

 復帰が望まれる芸能人のオオトリ、横綱、女王と呼んでもおかしくないのが中森明菜である。日本テレビ系のオーディション番組『スター誕生』でレコード契約を締結した中森は『スローモーション』、『少女A』、『十戒』、『飾りじゃないのよ涙は』、『DESIRE -情熱-』など立て続けにヒット曲を連発。時代を代表する歌姫となった。ところが、2010年秋にストレスによる免疫力低下で体調を崩し、無期限で活動休止。2014年にNHK紅白歌合戦に中継でサプライズ出場し、昨年12月には7年ぶりとなるディナーショーを行ったが、本格復帰には至っていない。

 もったいないような気もするが、芸能界に未練がないのなら仕方がない。でも、私情ではあるが、中森明菜にはもう一度第一線で活躍してほしいと思ってしまう。(文=加藤宏和)

※イメージ画像:『Belie(初回限定盤)(DVD付) 』ユニバーサル ミュージック

TOCANAの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon