古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

阿部寛不在、新ヒロインに北川景子……キムタク主演・フジ月9『HERO』続編は“ジャニーズの大ばくち”!?

サイゾー のロゴ サイゾー 2014/04/28 Cyzo

 13年前に最高視聴率36.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)を記録したSMAP・木村拓哉主演の検事ドラマ『HERO』(フジテレビ系)の続編が、7月クールの月9枠で放送されると、26日に発表された。

 新ヒロインには、前作の松たか子に変わり、北川景子を起用。角野卓造、小日向文世、田中要次といったキャストは引き続き参加し、ここに新キャストとして、杉本哲太や、濱田岳らが加わるという。

「復活の情報は、かなり前から漏れまくっており、ヒロイン役に北川が決定したことや、阿部寛、大塚寧々ら前作のメーンキャストが出ないことも、週刊誌が数カ月前に報道済み。そのためか、世間の反応は思いのほか薄いように感じる。また、当初は4月クールの予定だったものの、ギリギリまで出演者の調整が付かず、香取慎吾主演の『SMOKING GUN~決定的証拠~』で穴埋めしたともっぱら。舞台裏は、かなりバタバタしていたようです」(広告代理店関係者)

 2001年に『HERO』が叩き出した全話平均視聴率34.3%は、同局の連ドラ歴代1位。さらに、最高視聴率18.1%を記録し、映画もヒットした『謎解きはディナーのあとで』(同)で、嵐・櫻井翔との共演が好評だった北川がヒロインともあれば、注目度も高いだろう。

 しかし、前出の関係者は「木村にとって大ばくちとなる、危ない企画だ」と話す。

「“キムタク神話崩壊”などと言われ久しいですが、それでも1年半前の月9『PRICELESS~あるわけねぇだろ、んなもん!~』では、視聴率20%超えを達成。月9と木村の相性の良さを、あらためて示した。木村はこれまで、続編をやらないことをモットーとしていたが、『安堂ロイド~A.I. knows LOVE?~』(TBS系)の期待外れの結果を受けて、ジャニーズ側が『HERO』復活を猛プッシュ。しかし、この企画がコケでもすれば、木村の人気低落がはっきりしてしまう。月9枠での『HERO』というのは、木村にとって最高のステージ。ゆえに、失敗しても言い訳できないということです」(同)

 確かに『HERO』続編が『安堂ロイド』の二の舞いにでもなれば、前作の輝かしい功績に泥を塗るだけでなく、「40代になった木村では、視聴率が取れない」などと言われかねない。「過去の『HERO』は、木村と松の掛け合いが絶妙だった。そのヒロインが変わるだけでなく、阿部まで出ないとなれば、かなり雰囲気は変わってしまうでしょう。ドラマファンの中には、13年前の雰囲気を期待している人も多いでしょうから、『これじゃない』という反応は避けられなさそう」(テレビ誌編集者)

 案の定、Twitter上の反応を見ると、「スポーツ紙で相関図見たけど、残念な感じになってた」「松たか子も、大塚寧々も、阿部寛も、勝村政信も出ないのか。それ『HERO』じゃなくね?」「もう、別のドラマにすればいいのに。『ショムニ』みたいになりそう」といった声が目立つ。

 待ちに待った続編は、ファンを満足させることができるだろうか?

サイゾーの関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon