古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

露出度と反比例!「実は超稼いでる芸能人3人」を関係者が暴露!

TOCANA のロゴ TOCANA 2017/09/23 株式会社サイゾー

 テレビを中心に各種メディアに引っ張りだこの売れっ子芸能人ならば、大いに稼いでいることは誰もが知っている。しかし、露出度が低いにもかかわらず稼ぎが高い芸能人がいることをご存じだろうか。

 テレビやラジオには登場しなくとも、高収入を得ている芸能人がいるのだ。ここでは関係者からの取材をもとに、その代表格ともいえる3人を紹介したい。

© TOCANA 提供

「以前から露出度の割に稼いでいるといわれるのが江頭2:50ですね。テレビでは稀に見る程度ですが、年収は5,000万円を優に超えているといわれています」(テレビ局関係者)

 ほとんど表に出ない状況が続くのに5,000万円超えとは驚きの数字だ。果たしてその収入源は何なのか。

「営業です。特にパチンコ屋さんの営業で江頭さんは人気が高いです。1本あたりのギャラも60万円ほどといわれ、これを年間で150回ほどこなしていると聞きます」(同)

 たしかに1回60万円で150回ならば9,000万円になる。

「それ以外にもテレビの仕事などで1,000万円ほどは稼いでいるので税金を払ってもざっと5,500万ほど残ると思います」(同)

 これだけ稼いでいればテレビに出なくても安泰だろう。

 さらにマンガをほとんど描いていないといわれるあの漫画家さんも名前が挙がった。

「蛭子能収さんは本業ではほとんど稼いでいませんし、それなりに番組へ出演するもチョイ役が多いですよね。でも、蛭子さんのギャラは高額なことで有名なんです。軽めの出演でも1本50から80万円ほどです。ギャラが高いのは、替えのいないキャラクターだからです。そのため、年収も今現在でも5,000万円超えといわれています」(放送作家)

 露出度から見ればとんでもない高収入だが、最盛期はさらに凄かったそうだ。

「以前は今よりたくさんの番組に出ていたので余裕で億単位です。相当お金を貯めているはずですし、これ以上仕事をしなくても困らないからこそ、高額なギャラを払う仕事しか引き受けないようです」(同)

 冴えない漫画家というイメージの裏では超高収入のひとりに入っていたようだ。

 また、一発屋芸人と呼ばれるあの人も営業で稼いでいるという。

「ダンディ坂野は、今はテレビではほとんど見ませんが、営業では今ダントツの人気があります。店舗での営業はもちろん、学園祭などにもお呼びがかかるそうです。人気があるためギャラも高額で1本あたり100万円ともいわれています。そのため、年収は今も億を超えていると思いますよ」(テレビ業界関係者)

 アノ人は今といわれる芸人ではあるが、こちらも充実した日々を過ごしているようだ。

 このようにテレビへの露出度とは裏腹に高収入を得ている芸能人は数多くいた。顔が全国に知られているということは何よりの強みとなるようだ。(文=吉沢ひかる)

※画像は、『江頭2:50のピーピーピーするぞ!10周年記念スペシャルライブ!』(オデッサ・エンタテインメント)

TOCANAの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon