古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

露骨な性能UP、ideacentre Y700新旧モデルで見る1世代の差

ザテレビジョン のロゴ ザテレビジョン 2017/06/23
露骨な性能UP、ideacentre Y700新旧モデルで見る1世代の差 © KADOKAWA CORPORATION 提供 露骨な性能UP、ideacentre Y700新旧モデルで見る1世代の差

ideacentre Y700は同じで中身は別物。左が2017年発売の「ideacentre Y700(90DF00ESJP)」、右が2015年発売の「ideacentre Y700(90DF0001JM)」のハズだ。ちなみに、本稿作成時は見分けがつくように90DF00ESJPに“スゴイ強いPC”、90DF0001JMに“強いPC”のタグを貼っていた ideacentre Y700は同じで中身は別物。左が2017年発売の「ideacentre Y700(90DF00ESJP)」、右が2015年発売の「ideacentre Y700(90DF0001JM)」のハズだ。ちなみに、本稿作成時は見分けがつくように90DF00ESJPに“スゴイ強いPC”、90DF0001JMに“強いPC”のタグを貼っていた  ゲーミングパソコンに採用されるパーツは、そのとき最新のものを搭載しているマシンが多い。CPUやGPUの進化はいまだ継続中だが、1世代でどれくらい性能が向上しているのか。ふと気になったので、今回はレノボ・ジャパンが販売しているゲーミングパソコン「Lenovo ideacentre Y700」で比較してみた。1世代でそれほどの差はないと思いがちだが、露骨な差が生じる結果となったので、今回はベンチマークをもりもりっと見ていこう。  Lenovo ideacentre Y700は天板部の排気スリットが特徴的で、正面には調整可能なLED光源も設置されているほか、USBポートも豊富である。上記しているように、今回の比較機である「ideacentre Y700(90DF00ESJP)」と「ideacentre Y700(90DF0001JM)」を正面や側面から見分けようとすると、まったく判別できない。わかりやすい違いは背面。映像出力ポートに違いがあるほか、サイドパネルを外すと、GPUやCPUクーラーの違いが見てとれる。 本体正面 本体正面 天板部。排気スリットのほか、手前に引き出す際に便利なハンドルもある 天板部。排気スリットのほか、手前に引き出す際に便利なハンドルもある 本体側面には吸気スリット 本体側面には吸気スリット ideacentre Y700(90DF00ESJP)の背面。DisplayPort×3、HDMI×1、DVI−D×1 ideacentre Y700(90DF0001JM)は、DisplayPort×1、HDMI×1、DVI-D×2 ideacentre Y700(90DF00ESJP)の背面。DisplayPort×3、HDMI×1、DVI−D×1 ideacentre Y700(90DF0001JM)は、DisplayPort×1、HDMI×1、DVI-D×2 ideacentre Y700(90DF00ESJP)内部 ideacentre Y700(90DF0001JM)内部。ここまでくるとわかりやすい ideacentre Y700(90DF00ESJP)内部 ideacentre Y700(90DF0001JM)内部。ここまでくるとわかりやすい  外観からわかる違いはごくわずかだが、下記のスペックシートで見ると、ideacentre Y700(90DF00ESJP)とideacentre Y700(90DF0001JM)の差は明瞭になる。 試用機の主なスペック 90DF00ESJP(2017年2月発売) 90DF0001JM(2015年10月発売) CPU Core i7-7700(3.6GHz) Core i7-6700(3.4GHz) GPU GeForce GTX 1060 GeForce GTX 960 メモリー DDR4 8GB×2 PC4-19200 DDR4 8GB×2 PC4-17000 SSD 256GB 120GB HDD 2TB (7200rpm) 1TB SSHD(HDD 7200rpm+8GB) PSU 450W(85PLUS BRONZE)  電源は変更されていないが、そのほかはマザーボードも込みで変更されている。ストレージについては、SSDの低価格化が進み容量を増やしやすくなったことから、HDD側をただのデータ置き場とする部材採用にシフトしているのも、時代の変化が見えて面白い。  ではベンチマークを見ていこう。計測したのは「3DMARK(Version 2.3.3693)」の「Time Spy」、「Fire Strike」、「PCMark 8(Version 2.7.613)」のHome、「CINEBENCH R15」、「ファイナルファンタジーXIV:紅蓮のリベレーターベンチマーク」、「CrystalDiskMark 5.2.1」で、グラフィックスドライバーバージョンは382.33。 3DMARK(Version 2.3.3693) PCMark 8(Version 2.7.613) CINEBENCH R15 ファイナルファンタジーXIV:紅蓮のリベレーターベンチマーク CrystalDiskMark 5.2.1  以上のように、全体的な性能変化がわかる結果となった。3DMARKを見ると、スコア差はもちろん、Fire Strike Ultraについては、ideacentre Y700(90DF0001JM)はVRAM不足で実行できずとなっており、4K対応ゲームが増えた以降の事情が露出している。  またファイナルファンタジーXIV:紅蓮のリベレーターベンチマークでは、判定はどちらも「とても快適」だが、スコア差は2倍近い。平均フレームレートを見てもideacentre Y700(90DF0001JM)は60fps以上をキープできていない。もちろん、約2年前のideacentre Y700(90DF0001JM)であっても、設定を調整すれば快適に遊べるのだが、それがいつまでも続くということはない。これからマシン購入を検討するのであれば、ideacentre Y700(90DF00ESJP)がおススメだ。 ■関連サイト 製品情報(ideacentre Y700 90DF00ESJP) レノボ・ジャパン

露骨な性能UP、ideacentre Y700新旧モデルで見る1世代の差

露骨な性能UP、ideacentre Y700新旧モデルで見る1世代の差
© KADOKAWA CORPORATION 提供

ザテレビジョンの関連リンク

ザテレビジョン
ザテレビジョン
image beaconimage beaconimage beacon