古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

韓国とは戦略的利益共有、北朝鮮問題で連携=安倍首相

Reuters のロゴ Reuters 2017/05/10

[東京 10日 ロイター] - 安倍晋三首相は10日の政府・与党連絡会議で、韓国の文在寅大統領の就任を受け、「韓国は戦略的利益を共有する最も重要な隣国」とした上で、北朝鮮問題での連携を強化する考えを示した。

北朝鮮情勢を巡っては、米中韓やロシアなど関係国と協力し、「引き続き強く自制を求めていく」と強調。さらなる挑発の可能性も考えられるとし、「高度な警戒態勢を維持し、万全の体制を取っていく」と述べた。

韓国とは戦略的利益共有、北朝鮮問題で連携=安倍首相 © REUTERS 韓国とは戦略的利益共有、北朝鮮問題で連携=安倍首相

5月26日からイタリアで始まる主要7カ国(G7)首脳会議でも、北朝鮮問題を念頭に「G7が結束して国際社会の諸課題に対処していくとの明確なメッセージを発出したい」と語った。

首相はまた、自民党総裁として憲法改正に関する考えを表明したことについて「国会の議論の活性化や、国民的な議論の深まりを期待したものだ」とし、「国会両院の憲法審査会において、政党間での議論を深めたい」と述べた。

このほか、経済財政運営の基本姿勢を示す「骨太方針」や成長戦略を6月に策定することも明らかにした。

*内容を追加します。

(梅川崇)

Reutersの関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon