古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

音も映像もスゴい! お手頃10型SIMフリータブ「MediaPad M3 Lite 10」登場

ザテレビジョン のロゴ ザテレビジョン 2017/06/09
音も映像もスゴい! お手頃10型SIMフリータブ「MediaPad M3 Lite 10」登場 © KADOKAWA CORPORATION 提供 音も映像もスゴい! お手頃10型SIMフリータブ「MediaPad M3 Lite 10」登場

 SIMフリースマートフォンやモバイルルーターなど、ファーウェイ製端末の魅力をお伝えしている「ファーウェイ通信」。今回は発表されたばかりの10型タブレット2モデルを特集する! 10型タブレット2機種が登場。写真はプレミアムモデルの「HUAWEI MediaPad M3 Lite 10」 10型タブレット2機種が登場。写真はプレミアムモデルの「HUAWEI MediaPad M3 Lite 10」 動画や写真を迫力いっぱいで楽しむなら10型タブが魅力的!Microsoft Office Mobileでエンタメ以外にも活用できる!  スマホにさまざまなサイズがあるように、タブレットも7型、8型、10型と複数のクラスがあり、それぞれ使い勝手や得意とするジャンルが異なる。7型なら通勤中の電車内など常に持ち歩く用途に便利だし、動画や写真をより迫力ある形で楽しみたいなら、10型のタブレットが適している。 10型タブレットの使い道として映像や写真を楽しむというのがまず頭に浮かぶが、ビジネス用途にも便利だ 10型タブレットの使い道として映像や写真を楽しむというのがまず頭に浮かぶが、ビジネス用途にも便利だ  また、エンターテインメント用途以外でも活用しやすいのはこの10型。Microsoft Officeのファイルをチェックしたり、Bluetoothの外付けキーボードを接続して、資料を編集するのも、広い画面ならば作業しやすい。となると、外で使う機会も増えてくるので、LTE対応モデルが欲しくなる。  しかし、10型クラスのLTE対応タブレットは実は意外と製品の選択肢が少なかった。そんな中、プレミアムモデルとお手頃モデル、一気に2モデルがファーウェイから登場した。どのような性能や機能を持つのか、使い勝手はどうか、詳しくチェックしていこう。 MediaPad M3 Lite 10の各所に音と映像へのこだわりが見られる!  まず紹介するのは、M3 Lite 10。エンタメ性能の高さが売りのプレミアムモデル「Mシリーズ」の1台だけに、本機のスペックや音/映像周りの性能はなかなか高い。  たとえばサウンド。横画面時に上下となる側面にそれぞれ2つずつ、計4つのクアッドスピーカーを搭載。横画面と縦画面どちらの場合でも、ステレオでのサウンドを楽しむことができる。 本体の上下部に2つずつ、計4つのスピーカーを設置 本体の上下部に2つずつ、計4つのスピーカーを設置  スピーカー自体もパワーアンプが搭載されているということで、実にパワフル。動画を視聴しながら、徐々にボリュームをアップしていったが、10畳程度のスペースで響くくらいの音量でも音が割れることはなく、しっかりとサウンドを再生してくれる。自室に1人で動画や音楽を楽しむ場面はもちろん、家族や友達が集まったときでもみんなが同じようにサウンドを楽しめるはずだ。  そのサウンドは、MシリーズのMediaPadではおなじみのHarman Kardonによるチューニングが行なわれており、高音質なのも特長。また、ファーウェイ独自のサラウンド技術「SWS 3.0」により、広がりのある音響を楽しめる。  同時に「クリスタル クリア ディスプレイ」と名付けられた画面も注目。精密なコントラスト比で、美しい映像再現が実現されている。さらに本機に搭載された「ClariVu」は周辺環境やコンテンツに合わせた表示に最適化してくれる。また、視力保護モードで、電子書籍のブルーライトをカットして目を保護する表示にすることが可能だ。 電子書籍を長時間読むときなどに目が疲れにくくなる視力保護モードが用意されている 電子書籍を長時間読むときなどに目が疲れにくくなる視力保護モードが用意されている Microsoft Office Mobileで資料をチェック&作成Bluetoothキーボードの組み合わせで本格的な作業が可能  冒頭でも紹介したが、10型タブレットを自宅でエンタメコンテンツを楽しむだけではもったいない。あらゆる場面で活用が可能だ。 Bluetoothキーボードと組み合わせると、ノートPC感覚で使えるようになる! Bluetoothキーボードと組み合わせると、ノートPC感覚で使えるようになる!  たとえば、M3 Lite 10には、「Microsoft Office Mobile」の各アプリ(Word、Excel、PowerPoint、Outlook)がプリインストールされているが、Microsoft製だけあって、Officeファイルの互換性は基本的に問題なく、閲覧のみならず、簡単な編集や保存も可能だ。また、PC(Windows、Mac)でOneDriveを用いて、作業中のファイルを同期していると、Microsoft Office Mobileで同じMicrosoftアカウントでログインすることで、すぐにそのファイルにアクセスできる(※Microsoft Office Mobileの商用利用を行なう場合は、法人向け、あるいは一般消費者向けのOffice 365ライセンスの契約が必要となります)。 外付けBluetoothキーボードの追加でテキスト入力が楽になる。ソフトウェアキーボードの表示が自動で消えるのも便利 外付けBluetoothキーボードの追加でテキスト入力が楽になる。ソフトウェアキーボードの表示が自動で消えるのも便利  M3 Lite 10をビジネス用途でより活用するなら、導入を検討してほしいのが、外付けのBluetoothキーボード。ディスプレーに表示するソフトキーボードよりも、テキストの入力が断然楽になる。今回試用したのは、エレコムの「TK-DCP03BK」「TK-FLP01PBK」の2製品。どちらもM3 Lite 10のBluetooth機能をオンにするだけで簡単に接続でき、文字入力が可能になる。 10型の大型ディスプレーなのでマルチウィンドウ機能も実用的 10型の大型ディスプレーなのでマルチウィンドウ機能も実用的  TK-DCP03BKはやや大きめの筐体だが、そのぶんキーのサイズやキーピッチも大きく、タブレットを立てるための溝もあるので、自宅など、頻繁に利用する場所に置きっぱなしにしての利用が便利。さらにトラックボールでカーソルを操作できるので、ウェブブラウザーでリンクをクリックする際などに役立つ。よりノートPC的に使うなら、この製品だ。TK-FLP01PBKはコンパクトな折りたたみ型で、キーボードを入れるケースがスタンド代わりになる。こちらは重量も約230gと軽いので、カバンの中に入れて持ち歩いて使うのが良さそうだ。  タブレットを持ち歩いて、仕事で利用するという意味では、セキュリティーが当然求められる。M3 Lite 10は前面下部にタッチ式の指紋認証センサーを搭載。認識速度もファーウェイ製スマホと同じく非常に高速だ。 仕事用のデータをタブレットで扱う上で指紋認証センサーの存在は心強い 仕事用のデータをタブレットで扱う上で指紋認証センサーの存在は心強い  仕事とプライベートとの中間という意味では、電子書籍や電子雑誌を外で読むために使ってもいいだろう。仕事や通勤のわずかな空き時間に情報収集することを考えると、スリープから解除したら即インターネットに接続できるLTE版が、筆者的には断然オススメである。格安SIMなどとの組み合わせでぜひ活用してほしい! 電子雑誌なども大きな画面で楽に楽しめる 電子雑誌なども大きな画面で楽に楽しめる フルHDオーバーの解像度に大容量バッテリー持ちやすさもあって、10型でも“大型”とは感じない  最後にはなるが、M3 Lite 10の基本スペックやデザインについて紹介しておこう。 持ちやすさのせいか、10型と言ってもあまり大きさを感じさせない 持ちやすさのせいか、10型と言ってもあまり大きさを感じさせない  ディスプレーはフルHDオーバーの解像度(1920×1200ドット)を持つ10.1型液晶。そして、CPUはオクタコアの「MSM8940」(1.4GHz×4+1.1GHz×4)、3GBメモリー、32GBストレージなど。OSはAndroid 7.0/EMUI 5.1。バッテリーは6660mAhとこのサイズのタブレットとしてもかなり大容量。大画面でも十分な時間の利用が可能だ。 メタル調素材の背面はシンプルなシルバー メタル調素材の背面はシンプルなシルバー  手に取って気づくのは、“10型”というサイズよりはずっとコンパクトに思えた点。約7.1mmという薄さや約460gという軽量さもなのだが、同時にファーウェイ製スマホなどではおなじみの丸みを持った側面の処理により、手のひらになじみやすい点も大きな影響を与えているのではないかと感じた。フレームの素材はメタルで、シルバーのシンプルな背面は場所やユーザーを選ばない存在と言える。 丸みを帯びた側面はスベスベとした手触り 丸みを帯びた側面はスベスベとした手触り ★  M3 Lite 10には、SIMフリーのLTEモデルとWi-Fiモデルがあり、市場想定価格はそれぞれ税抜3万5800円と税抜2万9800円となっている。 ファーウェイ「HUAWEI MediaPad M3 Lite 10」の主なスペック ディスプレー 10.1型IPS液晶 画面解像度 1920×1200ドット サイズ 約240×173×7.1mm 重量 約460g CPU 3GB ストレージ 32GB 外部ストレージ microSD(最大128GB) OS Android 7.0(EMUI 5.1) 対応ネットワーク LTE:バンド1/3/5/7/8/19/20/38/40/41W-CDMA:バンド1/2/5/6/8/19 無線LAN IEEE802.11ac(2.4/5GHz対応) カメラ画素数 リア:800万画素/イン:800万画素 バッテリー容量 6660mAh SIM形状 nanoSIM カラバリ スペースグレー 価格(税抜) 3万5800円(LTE版)、2万9800円(Wi-Fi版) 2万円前後から購入できる10型タブカジュアルに使える「HUAWEI MediaPad T3 10」にも注目!  もう1台の10型タブレットであるT3 10は、市場想定価格がLTEモデルが税抜2万2800円、Wi-Fiモデルが税抜1万8800円と、さらに価格が抑えられたモデルだ。 LTE版でも2万円台前半とコスパに優れた「HUAWEI MediaPad T3 10」 LTE版でも2万円台前半とコスパに優れた「HUAWEI MediaPad T3 10」  最初に価格の話をしてしまったが、T3 10も機能や性能的には十分なもの。ディスプレーは1280×800ドットの9.6型液晶、CPUもクアッドコアになってしまうが、薄さ7.95mm、重量460gと薄型軽量の筐体は本機でも同じ。無線LANが2.4GHz帯に加え、5GHz帯に対応するなど(IEEE802.11n対応)、自宅で快適に利用できるためのポイントはしっかり抑えられている。ソフトウェアもAndroid 7.0/EMUI 5.1とこちらも新しい。 外で利用する機会があるなら、やはりLTE版がオススメ 外で利用する機会があるなら、やはりLTE版がオススメ  Microsoft Office Mobileがプリインストールされている点も同じで、エンタメ以外のさまざまな用途にも対応可能。子供向けにアプリへのアクセスや利用時間を制限できる「キッズモード」も用意されている。  タブレットは家族みんなで共有して使うことも可能だが、使うタイミングが被ってしまうと、チャンネル争いならぬタブレット争いが発生することも。お手頃価格なので、家族用に購入するのもありな1台だ。 ファーウェイ「HUAWEI MediaPad T3 10」の主なスペック ディスプレー 9.6型IPS液晶 画面解像度 1280×800ドット サイズ 約229.8×159.8×7.95mm 重量 約460g CPU 2GB ストレージ 16GB 外部ストレージ microSD(最大128GB) OS Android 7.0(EMUI 5.1) 対応ネットワーク LTE:バンド1/3/5/7/8/19/20/38/39/40/41W-CDMA:バンド1/2/5/6/8/19 無線LAN IEEE802.11n(2.4/5GHz対応) カメラ画素数 リア:500万画素/イン:200万画素 バッテリー容量 4800mAh SIM形状 nanoSIM カラバリ スペースグレー 価格(税抜) 2万2800円(LTE版)、1万8800円(Wi-Fi版) ファーウェイ新製品発表でプレゼントキャンペーンやタッチ&トライイベントを各地で開催!  今回レビューした「HUAWEI MediaPad M3 Lite 10」「HUAWEI MediaPad T3 10」に加え、「HUAWEI P10 Plus」「HUAWEI P10」「HUAWEI P10 lite」「HUAWEI WATCH 2」と相次いで新製品を発表しているファーウェイ。それに合わせて、各種のキャンペーンやイベントを展開している。 ファーウェイ新製品発売キャンペーン  新製品の発売を記念し、「HUAWEI MediaPad M3 Lite」などの賞品が当たるキャンペーンをSNS上で展開している。キャンペーンは3ヵ月連続の予定で、第1弾は6/20(火)から開始。詳細はファーウェイ公式SNS(Facebook、Twitter)をチェック! 豪華賞品をゲットしよう。 HUAWEI PHOTO STUDIO IN ROPPONGI  「HUAWEI MediaPad M3 Lite 10」「HUAWEI MediaPad T3 10」とともに、国内で発表したばかりの注目のスマートフォン「HUAWEI P10 Plus」「HUAWEI P10」「HUAWEI P10 lite」、スマートウォッチ「HUAWEI WATCH 2」を試すことができるイベントが期間限定で六本木で開催!  新製品の試用だけでなく、HUAWEI P10 Plusのポートレートモードを体験できるブース、そして初日の6月20日(火)にはスペシャルゲストも登場のオープニングイベントが予定されている。 期間:6月20日(火)~26日(月)場所:六本木ヒルズ 大屋根広場 HUAWEI PHOTO STUDIO IN SHINJUKU/OSAKA/SHINAGAWA  駅ナカでファーウェイ端末を試す! HUAWEI P10 Plusを始めとする最新端末のタッチ&トライイベントが東京・大阪の計3ヵ所で6月下旬から開催される。実際に試用して、その感想をSNSに投稿するとオリジナルノベルティーのプレゼントもあり。 期間/場所6月21日(水)~23日(金):東京メトロ新宿東西連絡通路6月27日(火)~29日(木):阪急梅田駅 BIGMAN前広場7月5日(水)~7日(金):JR品川駅中央改札内イベントスペース ■関連サイト ファーウェイ・ジャパン ファーウェイ・オンラインストア CLUB HUAWEI 提供:ファーウェイ

音も映像もスゴい! お手頃10型SIMフリータブ「MediaPad M3 Lite 10」登場

音も映像もスゴい! お手頃10型SIMフリータブ「MediaPad M3 Lite 10」登場
© KADOKAWA CORPORATION 提供

ザテレビジョンの関連リンク

ザテレビジョン
ザテレビジョン
image beaconimage beaconimage beacon