古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

音楽×ダンスのエンタメ映画『ハートビート』続編製作へ マイケル・ダミアンが監督続投

Real Sound のロゴ Real Sound 2017/02/14 株式会社サイゾー
© Real Sound 提供

 2016年8月に日本公開された映画『ハートビート』の続編の製作が決定した。  『マーリー2 世界一おバカな犬のはじまりの物語』のマイケル・ダミアン監督が手がけた『ハートビート』は、プロのバレエダンサーになるためニューヨークにやってきたルビーと、イギリス人バイオリニストのジョニーが、お互いの夢を叶えるため、“弦楽器&ダンスコンクール”に出場する模様を描いた青春エンターテインメント。  続編の製作はダミアン監督によって発表されたもので、監督の所属会社Riviera Filmからの発表によると、続編のタイトルは『High Strung: Free Dance(原題)』で、ダミアン監督と音楽のネイサン・ラニアーが続投することが決定しているとのこと。楽曲は、前作のコンテンポラリーやヒップホップに加え、キャバレー・ジャズや、インド発のボリウッド音楽も登場するようだ。  前作と同じくニューヨークが舞台だが、ストーリーは前作とは別キャラクターで展開される。ミュージカルショーの主役を射止めた女性ダンサーとピアニストの青年、女性ダンサーに指導する演出家兼振付師との恋愛が軸に描かれる予定だ。続編は、2017年6月に撮影入りし、2018年に本国アメリカで公開予定。  なお、1作目の『ハートビート』は、2月15日にDVDのレンタル開始(TSUTAYA先行レンタル)、4月4日にDVDが発売される。(リアルサウンド編集部)

Real Soundの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon