古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

音楽とカルチャーの祭典『TOKYO MUSIC ODYSSEY 2017』全イベント詳細発表

Real Sound のロゴ Real Sound 2017/01/12 株式会社サイゾー
© Real Sound 提供

 スペースシャワーTVが、3月2日から3月8日にかけて展開する『TOKYO MUSIC ODYSSEY 2017』の詳細を発表した。

(関連:スペースシャワーTVの25年 名物プロデューサーが振り返る「音楽好きの素人たちの挑戦」)

 『TOKYO MUSIC ODYSSEY 2017』は“都市と音楽の未来”をテーマに東京から発信する音楽とカルチャーの祭典で、イベント開催を中心に番組放送や配信など様々なコンテンツを展開するもの。

 3月3日には、きのこ帝国 × MITCH NAKANO、DAOKO × Kezzardrix+backspacetokyo、HIFANA ×GRVJが出演する「音楽と映像とアート」が一体となったライブイベント『SOUND&VISION』を、3月4日には、ライブアクトとしてcero、Yogee New Waves、WONKが出演の『ALTERNATIVE ACADEMY」を、3月5日は、iri、 ドミコ、For Tracy Hyde、向井太一、The Wisely Brothersといったニューカマーアーティストによる『NEW FORCE』を開催する。さらに3月6日は「Fishmans in SPACE SHOWER TV」 「『Cornelius performing Fantasma USツアー』 密着ドキュメンタリー・完全版」 「『The Documentary DEV LARGE/D.L』SPECIAL EDITION」 を高音質で上映する『MOVIE CURATION ~特上音響上映会~』、そして3月7日には、アーティストとクリエイターに感謝と敬意を込め賞を贈る『SPACE SHOWER MUSIC AWARDS』も行なわれる。

 また3月3日から3月6日まで、渋谷スペイン坂に『TOKYO MUSIC ODYSSEY』のポップアップスタジオが設置される。“音楽と都市の未来”をテーマに、同スタジオでトークセッションやミニイベントなどを行う。その他の詳細は特設サイトにて公開している。(リアルサウンド編集部)

Real Soundの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon