古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

音楽テーマの名作映画をミュージックバーで“高音質”上映 CAMPFIREでプロジェクトスタート

Real Sound のロゴ Real Sound 2017/07/25 株式会社ブループリント
© Real Sound 提供

 キュレーション型音楽メディア・Spincoasterが「『音楽映画専門ミニシアター』プロジェクト」をクラウドファンディングサイトCAMPFIREでスタートした。(関連:鹿野 淳×家入一真が語る“音楽フェス通じた社会貢献” クラウドファンディングで広がる新たな価値観) このプロジェクトは同社が運営するミュージックバー「Spincoaster Music Bar」で音楽をテーマにした映画を上映するためのもの。同社はこれまでにミュージックバーの高音質な空間を生かした企画として音楽映画を上映するイベントを計画してきたが、許諾料の関係などで実現が難しいことが判明。CAMPFIREで資金を調達するに至った。 今回は『Get Loud』『Supermensch』『アンヴィル! 夢を諦めきれない男たち』『All Things Must Pass』と、名作と呼ばれる音楽映画4作品の上映を対象に支援を募集する。支援の状況によっては『ザ・ビートルズ EIGHT A WEEK The Tourting Years』『セッション』『はじまりのうた』『シング・ストリート 未来へのうた』などの追加上映も検討していくという。 また、支援のリターンには映画の鑑賞に加えてドリンクやポップコーンなど飲食物も付帯するプランのほか、ミュージックバーの通常営業時に使えるお得な会員カード付きプランや貸切上映プランなども用意されている。なお、募集期間は本日7月25日から2017年8月17日23時59分まで。(リアルサウンド編集部)

Real Soundの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon