古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

高畑充希、江口洋介らがひとり二役に 『ひるね姫』“もうひとつの物語”描く短編アニメ

Real Sound のロゴ Real Sound 2017/02/09 株式会社サイゾー
© Real Sound 提供

 『ひるね姫~知らないワタシの物語~』のスピンオフ短編『エンシェンと魔法のタブレット ~もうひとつのひるね姫~』が、3月上旬よりHuluにて配信されることが決定した。 参考:高畑充希主演『ひるね姫』キャスト&スタッフ登壇付き完成披露試写会に20組40名様ご招待  本作は、『東のエデン』『攻殻機動隊S.A.C.』の神山健治監督が手がけた映画『ひるね姫~知らないワタシの物語~』の“もうひとつの物語”。映画本編の主人公である高校生・森川ココネがみる夢の中に現れるもうひとりの主人公・エンシェンの冒険を描く。なお、神山監督過去作品を配信するキャンペーン『神山祭』もHuluにて開催されている。  高畑充希が森川ココネとエンシェンの声を、江口洋介がココネの父親・森川モモタローと情熱あふれる若者・ピーチの声をそれぞれひとり二役で担当する。ほかキャストには、異端審問官・ベワン役で古田新太(映画では渡辺役)、ハートランド王役で高橋英樹(映画では志島自動車会長役)らが名を連ねる。 ■高畑充希 コメント

ココネとエンシェン。2人の女の子を声だけで演じ分ける、と聞いた時はかなりアタフタしてしまいましたが、神山監督がそんなに無理して変える必要はないです、と言ってくださったので、安心してアフレコすることができました。

ココネにはココネの、エンシェンにはエンシェンの正義を大切に。楽しく演じさせていただけて、幸せでした。

■江口洋介 コメント

モモタロー/ピーチの二役の演じ分けは意識せずに、すんなり演じられたと思っています。

実写の撮影とは違って、画コンテを見ながら声を入れていく作業でしたので、とても新鮮で面白い経験になりました。

声だけで表現することがクセになるかもしれませんね。

(リアルサウンド編集部)

Real Soundの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon