古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

高級ホテルでランサムウェア被害、宿泊客を部屋から閉め出し

ITmedia エンタープライズ のロゴ ITmedia エンタープライズ 2017/01/30
高級ホテルでランサムウェア被害、宿泊客を部屋から閉め出し: The Local Europeの報道 © ITmedia NEWS 提供 The Local Europeの報道

 オーストリアの高級ホテルで客室のカードキーを発行するシステムなどがランサムウェアに感染し、宿泊客が部屋から閉め出される事件が起きた。欧州の英語ニュースサイト「The Local Europe」が1月28日付で伝えた。

 記事によると、オーストリアの4つ星ホテルRomantik Seehotel Jaegerwirtで電子キーシステムがランサムウェアに感染した。同ホテルがサイバー攻撃を受けたのは今回が3度目だったという。

 客室の扉はカード式のキーを使って施錠と開錠を行う仕組みだったが、サイバー攻撃に遭ってこのカードキーのシステムがダウンしたため、宿泊客は自分の部屋に入れなくなった。新しいカードキーのプログラムもできなくなったという。

 ホテルのコンピュータシステムは、予約システムやキャッシュデスクシステムも含めてすべてダウンした。この日の宿泊客は約180人。攻撃側は、ビットコインで1500ユーロの身代金を要求していた。

 同ホテルは前年の夏にもサイバー攻撃を受けてシステムの復旧に数千ユーロを費やし、保険金も受け取ることができていなかったという。このため身代金を払った方が安く済み、手っ取り早く解決できると判断して、やむを得ず要求に応じたと説明している。

 身代金を支払うとシステムのロックは解除され、全コンピュータが正常に作動するようになった。

 ところが攻撃側はシステムにバックドアを残していて、ここから4度目の攻撃を試みたという。この攻撃は、ホテル側がコンピュータを入れ替えて、最新のセキュリティ対策を講じるなどしていたために食い止めることができたとThe Local Europeは伝えている。

 同ホテルは、次に改修する際は客室の扉をカードキーではなく昔ながらの鍵に戻すことを予定しているという。

ITmedia エンタープライズの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon