古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

高解像度で美画面化、自立するAndroidタブ「YOGA TABLET 10 HD+」

ザテレビジョン のロゴ ザテレビジョン 2014/06/06 (C)KADOKAWA CORPORATION
高解像度で美画面化、自立するAndroidタブ「YOGA TABLET 10 HD+」 © KADOKAWA CORPORATION 提供 高解像度で美画面化、自立するAndroidタブ「YOGA TABLET 10 HD+」

チルトモードで利用しているYOGA TABLET 10 HD+(奥側)とYOGA TABLET 10(手前側) チルトモードで利用しているYOGA TABLET 10 HD+(奥側)とYOGA TABLET 10(手前側) 個性派Android機「YOGA TABLET」が進化  円筒形(シリンドリカル)のヒンジから板状の本体が伸びた独特のフォルムが特徴のYOGA TABLET。縦位置でのグリップがしやすく、横位置では回転式のスタンドで自立する点など、一般的なタブレットにはない特徴を持つ。  これまで8型の「YOGA TABLET 8」と10型の「YOGA TABLET 10」の2モデルが販売されてきたが、この春から10型で解像度がWUXGA(1920×1200ドット)と大幅にディスプレーの画質が向上した新モデル「YOGA TABLET 10 HD+」が登場している。  高解像度ディスプレーの搭載は大きなメリットがある。ウェブブラウジングなどで一画面に表示できる情報量が増え快適性が増すほか、写真や動画などもより精彩かつ高画質に楽しめる。  キーボードを搭載せず、タッチパネルで操作するタブレットは、Ultrabookと並んで人気の製品であり、各社から製品が続々と投入されている。ノートパソコンに比べて、本体が薄く軽量で携帯性に優れ、立ったままの状態でも指先で簡単に操作できること、価格も安いことなど魅力も多い。 ソフトキーボードなど、インターフェースも改善されている ソフトキーボードなど、インターフェースも改善されている 2台持ち、あるいは隙間を埋める用途に最適  かつては性能やできることに制限があったが、タブレットの性能も向上してきたため、ブラウジングやSNS、あるいは動画視聴など、パソコンでなければできなかった用途のかなりの部分をタブレットで代替できるようになった。外出先ではスマートフォン、自宅のリビングや寝室ではタブレット、より作業に打ち込みたいときはパソコンといった感じで、TPOに合わせて使い分ければ、より快適な環境を得られるだろう。  一口にタブレットといっても、搭載OSによって、Androidタブレット、Windowsタブレット、iOSタブレット(iPad/iPad miniシリーズ)の3グループに大別できる。それぞれ長所と短所があるが、製品数が最も多く、パソコンとの2台持ちに向いているのが、Androidタブレットである。  Androidタブレットは、低価格なエントリーモデルからハイエンドモデルまでラインナップが充実しており、アプリケーションも充実していることが魅力だ。YOGA TABLETはその中でも、人気の高い製品となる。ここでは、YOGA TABLETシリーズの魅力を紹介していくことにしたい。 回転式スタンドとシリンダー型のバッテリーを採用した意味  YOGA TABLETシリーズの最大の魅力は、そのボディデザインにある。iPadシリーズなどの一般的なタブレットは、フラットな板状ボディを採用していることがほとんどだが、YOGA TABLETシリーズは、横から見ると、長辺の片側が円筒状に膨らんだデザインになっている。 YOGA TABLET 10 HD+をホールドモードで利用しているところ。片手でもしっかりホールドできる YOGA TABLET 10 HD+をホールドモードで利用しているところ。片手でもしっかりホールドできる  この部分は、バッテリーシリンダーと呼ばれている。文字通り円筒形のバッテリーが入っているのだが、低コストで高容量のバッテリーを積めるという点が特徴となる。また、片手で持つ際にここをつかむと非常にホールドしやすい。一般的なタブレットは端まで薄いため、片手で持った場合、手を滑らせてしまわないか不安だが、YOGA TABLETシリーズのバッテリーシリンダーは手に馴染むカーブになっているので、手を滑らせて落下させてしまう心配がなく、立ったままでも安心して片手で持って利用できる。  また、重量がバッテリーシリンダー部分に集中しているため、バッテリーシリンダーを手でホールドすることで、より軽く感じるという利点もある。もちろん、バッテリーシリンダーを右側にして右手で持つことも、反対に左側にして左手で持つこともできるので、右利きでも左利きでも快適に利用できる。バッテリーシリンダーを持って使うモードは、ホールドモードと呼ばれており、電車の中などで立ったまま使うのに便利だ。  バッテリーシリンダー部分に折りたたみ式のスタンドが搭載されていることもYOGA TABLETシリーズならではの特徴だ。このスタンドを回転させて引き出し、本体を立てることで、スタントモードとなる。このモードでは、ハンズフリーで利用できるため、写真の閲覧や動画の視聴、ビデオチャットなどに向いている。スタンドは使わない際には回転して本体に収納できるため、携帯時にも邪魔にならず便利だ。他社のタブレットは手に持って使っているときはいいが、リラックスして動画を閲覧したい場合など、自立させるために別途スタンドなどを用意する必要があるが、YOGA TABLETシリーズなら、そうした用意は不要であり、スマートに利用できる。 スタンドモードで利用しているYOGA TABLET 10 HD+の背面。スタンドがしっかりと本体を支えている 左から、YOGA TABLET 10 HD+、YOGA TABLET 10、YOGA TABLET 8。YOGA TABLET 10 HD+は、YOGA TABLET 10よりもスタンド部分が大きくなっている スタンドモードで利用しているYOGA TABLET 10 HD+の背面。スタンドがしっかりと本体を支えている 左から、YOGA TABLET 10 HD+、YOGA TABLET 10、YOGA TABLET 8。YOGA TABLET 10 HD+は、YOGA TABLET 10よりもスタンド部分が大きくなっている  さらにスタンドを出した状態で寝かせることで、見やすくタッチ操作もしやすいチルトモードになる。適度な傾斜が付くため、画面が見やすく、画面に表示されるソフトウェアキーボードでの入力もしやすくなるので、メールの返信やWebサイトでの調べ物をする場合などに便利だ。  このように、YOGA TABLETシリーズは、折りたたみ式スタンドとバッテリーシリンダーを採用することで、ホールドモード、スタンドモード、チルトモードの3つのモードで利用でき、用途やシチュエーションに応じて最適なモードを選べることが魅力である。 製品ラインナップを比較する  それでは、YOGA TABLETシリーズの製品ラインナップについて見てみよう。まず、2013年11月に8型液晶を搭載したYOGA TABLET 8と、10.1型液晶を搭載したYOGA TABLET 10が登場した。YOGA TABLET 8とYOGA TABLET 10は、液晶サイズは異なるが、それ以外の基本スペックはほぼ同じで、CPUとしてMediaTek MT8125を搭載する。  MediaTek MT8125は、クロック周波数1.2GHzのクアッドコアCPUであり、快適な動作を実現している。メモリは1GBで、ストレージ(フラッシュメモリ)は16GBである。YOGA TABLET 8とYOGA TABLET 10では、液晶サイズは異なるが、解像度はどちらも1280×800ドットで同じだ。視野角が広いIPS液晶を採用しており、斜めからでも見やすい。静電容量方式のタッチパネルを備えており、最大10点までのマルチタッチに対応する。 2014年5月に登場したYOGA TABLET 10 HD+ 2014年5月に登場したYOGA TABLET 10 HD+  センサーも充実しており、GPS、電子コンパス、加速度センサー、光センサーを備えているので、カーナビなどにも利用できる。バッテリーは、YOGA TABLET 8が2セル、YOGA TABLET 10が3セルであり、YOGA TABLET 8では最大約16時間、YOGA TABLET 10では最大約18時間(ともにWiFi使用時)という長時間駆動を実現していることも魅力だ。また、前面に160万画素カメラ、背面に500万画素カメラを搭載しており、写真や動画の撮影はもちろん、ビデオチャットなどにも利用できる。さらに、前面にステレオスピーカーを搭載しており、臨場感のあるサウンドを楽しめる。  インターフェースとしては、microSDカードスロットとMicroUSBポート(OTG機能対応)、マイク/イヤホン端子を搭載しており、Androidタブレットとしては十分な拡張性を実現している。ワイヤレス機能として、IEEE 802.11b/g/n対応無線LAN機能とBluetooth 4.0を備えており、こちらも満足だ。本体サイズ/重量は、YOGA TABLET 8が約幅213×奥行144×高さ3.0~7.3mm/401gで、YOGA TABLET 10が約幅261×奥行180×高さ3.0~8.1mm、605gとなっている。また、Android OSのバージョンは、4.2.2となっている。  YOGA TABLETシリーズの最新モデルが、2014年5月に登場したYOGA TABLET 10 HD+である。YOGA TABLET 10 HD+は、YOGA TABLE 10の上位にあたる製品であり、外観はそっくりだが、液晶解像度が大きく向上しただけでなく、CPUやメモリ、ストレージなどの基本スペックも強化されている。 右がYOGA TABLET 10 HD+。目視すると、HD+のほうが色温度が低く(暖色系で)、かつ色の再現がより鮮明な印象を受ける 右がYOGA TABLET 10 HD+。目視すると、HD+のほうが色温度が低く(暖色系で)、かつ色の再現がより鮮明な印象を受ける IPSということで視野角も十分。机の上において寝かせておき、覗き込むように見ても見やすい IPSということで視野角も十分。机の上において寝かせておき、覗き込むように見ても見やすい  まず、最大のウリである液晶解像度は、YOGA TABLET 10やYOGA TABLET 8が1280×800ドットであったのに対し、YOGA TABLET 10 HD+では1920×1200ドットへと向上している。ノートPCやスマートフォンなどで、フルHD液晶搭載と謳われることがよくあるが、フルHDとは1920×1080ドットであり、YOGA TABLET 10 HD+のほうが短辺が120ドット分多い。1920×1200ドットはWUXGAとも呼ばれるが、一度に表示できる情報量は、YOGA TABLET 10/8の2.25倍にも達する。液晶が高精細なので、写真や動画などもより美しく表示され、文字も見やすい。  CPUもYOGA TABLET 10 HD+では、Qualcomm APQ8028へと強化されている。Qualcomm APQ8028は、YOGA TABLET 10/8に搭載されているMediaTek MT8125と同じくクアッドコアCPUであるが、クロック周波数が1.6GHzと高速化されており(MediaTek MT8125は1.2GHz)、動作速度が向上している。メモリは2GB、ストレージは32GBと、こちらもYOGA TABLET 10/8に比べてそれぞれ倍増している。カメラについても、前面の160万画素は変わらないが、背面カメラは500万画素から800万画素へと画素数が増加し、画質も向上している。 YOGA TABLET 10(左)とYOGA TABLET 10 HD+(右)のスタンド部分の比較。YOGA TABLET 10 HD+のほうがスタンドの奥行きが大きい。ボディ中央の切り欠きもなくなっている YOGA TABLET 10 HD+(左)とYOGA TABLET 10(右)のスタンドモードの比較。YOGA TABLET 10 HD+のほうがスタンドの奥行きが大きく、より安定性が高い YOGA TABLET 10(左)とYOGA TABLET 10 HD+(右)のスタンド部分の比較。YOGA TABLET 10 HD+のほうがスタンドの奥行きが大きい。ボディ中央の切り欠きもなくなっている YOGA TABLET 10 HD+(左)とYOGA TABLET 10(右)のスタンドモードの比較。YOGA TABLET 10 HD+のほうがスタンドの奥行きが大きく、より安定性が高い  また、基本スペックだけでなく、使い勝手についてもさまざまな改良が行われている。まず、YOGA TABLETシリーズの特徴であるスタンドの奥行きが、YOGA TABLET 10よりも大きくなっている。そのため、スタンドモードでの安定性が向上したほか、チルトモードでの傾斜角度が少し大きくなり、より見やすくなった。重量バランスも変更されており、ホールドモードでより持ちやすくなっている。 YOGA TABLET 10(左)とYOGA TABLET 10 HD+(右)のチルトモードの比較。YOGA TABLET 10 HD+のほうが傾斜角度が少し大きくなっている YOGA TABLET 10 HD+(左)とYOGA TABLET 10(右)のチルトモードの比較。YOGA TABLET 10 HD+のほうが傾斜角度が少し大きいことがよくわかる YOGA TABLET 10(左)とYOGA TABLET 10 HD+(右)のチルトモードの比較。YOGA TABLET 10 HD+のほうが傾斜角度が少し大きくなっている YOGA TABLET 10 HD+(左)とYOGA TABLET 10(右)のチルトモードの比較。YOGA TABLET 10 HD+のほうが傾斜角度が少し大きいことがよくわかる  さらに、microSDカードスロット周りも改良が行われており、microSDカード挿入時にカードの頭がわずかに飛び出すようになった。YOGA TABLET 10/8では、microSDカードを挿入すると、完全にスロットの中に入ってしまうため、取り出すのがやや大変だったが、YOGA TABLET 10 HD+では、microSDカードを挿入しても頭がわずかに飛び出すようになったため、取り外しが簡単にできるようになった。さらに、microSDカードスロット部分を覆うカバーも新たに用意されている。 YOGA TABLET 10 HD+のmicroSDカードスロット部分。スロット部にカバーが設けられている YOGA TABLET 10(左)とYOGA TABLET 10 HD+(右)のmicroSDカードスロット部分の比較。YOGA TABLET 10ではスロット部にカバーが用意されていない YOGA TABLET 10 HD+のmicroSDカードスロット部分。スロット部にカバーが設けられている YOGA TABLET 10(左)とYOGA TABLET 10 HD+(右)のmicroSDカードスロット部分の比較。YOGA TABLET 10ではスロット部にカバーが用意されていない  Android OSのバージョンも4.3へとアップデートされている。本体サイズ約幅261×奥行180×高さ3.1~9.1mmで、幅や奥行きはYOGA TABLET 10と同じだが、厚さが1mm大きくなっている。重量は626gで、21gほど重くなっているが、前述したように重量バランスが変更されているため、実際に持ち比べてみると、ほとんど重くなったとは感じられない。また、バッテリー駆動時間も、最大約20時間(WiFi使用時)とさらに延びており、タブレットの中でもトップクラスの駆動時間を誇る。このように、YOGA TABLET 10 HD+は、液晶解像度や基本スペックだけでなく、細かな部分も多数改良されており、Androidタブレットとしての完成度はさらに向上しているのだ。 パフォーマンスをベンチマークで比較  次に、YOGA TABLETシリーズ3モデルのパフォーマンスをベンチマークテストで比較してみた。利用したベンチマークプログラムは、「Antutu Benchmark」と「3DMark」である。システムの総合的なパフォーマンスを計測するAntutu Benchmarkの結果は下のグラフに示した通りで、YOGA TABLET 10 HD+は、YOGA TABLET 10/8の1.4倍近いスコアとなった。  前述したように、YOGA TABLET 10とYOGA TABLET 8の基本スペックはほぼ同一だが、YOGA TABLET 10 HD+は、CPUがより高速なものに変更され、メモリやストレージも倍増している。YOGA TABLET 10/8でも動作は十分に快適であり、不満を感じることはほとんどないが、YOGA TABLET 10 HD+は、さらに快適な動作環境を実現している。 Antutu Benchmarkの結果 YOGA TABLET 10 HD+ 19082 YOGA TABLET 10 13996 YOGA TABLET 8 13623  3D描画性能を計測する3DMarkの結果は、下のグラフに示した通りで、こちらはさらに差が大きくなり、YOGA TABLET 10 HD+は、YOGA TABLET 10/8の約1.6~1.7倍ものスコアを叩き出している。最近は、本格的な3Dグラフィックスを駆使したAndroid対応ゲームソフトが続々登場しているが、3D描画性能が高いYOGA TABLET 10 HD+なら、そうした本格的な3Dゲームも快適に遊ぶことができる。 3DMark(Ice Storm)の結果 YOGA TABLET 10 HD+ 4972 YOGA TABLET 10 3152 YOGA TABLET 8 2925 用途別、あなたにふさわしいYOGA TABLETはコレだ!  それでは用途別に、お勧めのYOGA TABLETを紹介することにしたい。  すでにAndroidタブレットを使っているが、画面の解像度やCPU性能などに不満があるという、中上級者には、やはり上位モデルのYOGA TABLET 10 HD+がお勧めだ。YOGA TABLET 10 HD+は、フルHDを上回るWUXGA液晶と高速なクアッドコアCPUを搭載しており、パフォーマンスを重視するユーザーには最適である。また、PCの代わりとして、レポートの作成などさまざまな作業をしたいという人にも、高精細な液晶と高性能CPUを搭載したYOGA TABLET 10 HD+をお勧めしたい。3D描画性能が高いので、本格的なゲームで遊びたいという人にもYOGA TABLET 10 HD+が適している。  性能よりも携帯性、特に軽さを重視したいという人には、コンパクトで軽いYOGA TABLET 8がぴったりだ。電子書籍を読むことが多い人にも、ホールドモードで快適に読書できるYOGA TABLET 8をお勧めしたい。400gしかないYOGA TABLET 8なら、華奢な女性でも軽々と片手でホールドでき、仰向けに寝っ転がってコミックを読むといった用途にも向いている。  YouTubeやニコニコ動画などのインターネット動画の視聴を楽しんだり、写真のスライドショーなどをゆっくり眺めるために使いたいのなら、画面が大きい、YOGA TABLET 10 HD+かYOGA TABLET 10がお勧めだ。  初めてAndoridタブレットを購入するので、詳しいことはよく分からないという人でも、スペックに余裕があるYOGA TABLET 10 HD+を選んでおけば、まず不満を感じることはないだろう。初心者こそ、性能に余裕がある製品を選ぶことをお勧めしたい。 キャッシュバックキャンペーンでさらにお得、買うなら今がチャンス  YOGA TABLETシリーズは、3つのモードで使えるという、ユニークなAndroidタブレットであり、使い勝手に優れた製品である。実売価格も、YOGA TABLET 10 HD+が4万1000円前後、YOGA TABLET 10が3万円前後、YOGA TABLET 8が2万4000円前後とリーズナブルである。 キャッシュバックキャンペーンを実施中 キャッシュバックキャンペーンを実施中  また、5月22日から7月31日までにYOGA TABLETシリーズやMiix 2シリーズ、IdeaPad Miixシリーズを購入した方を対象に、デジタル雑誌1年分やデジタルコミック全巻が抽選でプレゼントされるキャンペーンが実施中である。デジタル雑誌1年分は20名に、デジタルコミック全巻は10名にプレゼントされる。さらに、6月5日から7月31日まで、YOGA TABLETシリーズを購入し、キャンペーンに申し込んだ方全員に、3000円のキャッシュバックが行われるYOGA TABLETキャッシュバックキャンペーンもあわせて実施中だ。  キャッシュバックを計算に入れると、YOGA TABLET 8なら2万円強で、YOGA TABLET 10 HD+でも3万8000円前後で購入できるわけで、非常にお買い得だ。Androidタブレットが欲しいのなら、これはまたとないチャンスであろう。YOGA TABLETシリーズがあれば、いつでもどこでもインターネットにアクセスして、最新の情報を得たり、好きなコンテンツを楽しむことができるので、貴重な時間をより有効に使える。YOGA TABLETシリーズは、仕事にもプライベートにも強い味方となるだろう。ぜひとも、この機会に購入してみてはいかがだろうか。 ■関連サイト キャッシュバックキャンペーンページ YOGA TABLET シリーズ レノボ・ジャパン

高解像度で美画面化、自立するAndroidタブ「YOGA TABLET 10 HD+」

高解像度で美画面化、自立するAndroidタブ「YOGA TABLET 10 HD+」
© KADOKAWA CORPORATION 提供

ザテレビジョンの関連リンク

ザテレビジョン
ザテレビジョン
image beaconimage beaconimage beacon