古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

高速化するモバイルルーターへの「不安」/Y!mobileの「3日10GB」追随が寂しい件

ITmedia Mobile のロゴ ITmedia Mobile 2017/04/06
高速化するモバイルルーターへの「不安」/Y!mobileの「3日10GB」追随が寂しい件: 国内最速の「下り最大682Mbps」に初めて対応する「N-01J」 © ITmedia Mobile 提供 国内最速の「下り最大682Mbps」に初めて対応する「N-01J」

 NTTドコモは、3月9日にモバイル無線LAN(Wi-Fi)ルーターの新製品「Wi-Fi STATION N-01J」(以下「N-01J」)を発売しました。それに合わせて同社は、LTE-Advancedサービス「PREMIUM 4G」の下り最高通信速度を682Mbpsに引き上げました。N-01Jは、この速度で通信できる同社初の端末ということになります。

(記事中の通信速度は、全て理論値)

 ドコモの「下り最大682Mbps」は、東名阪(関東甲信越・東海・関西)エリア限定で提供している1.8GHz帯(Band 3)の電波と、2016年6月から全国の混雑地を中心に展開が始まった3.5GHz帯(TD-LTE・Band 42)の電波を同時に利用し、以下のような技術や取り組みによって実現しています。

・電波の変調方式を「64QAM」→「256QAM」に高度化(通信速度が約1.33倍に)

・Band 42において「MIMO」を「2×2(2多重)」→「4×4(4多重)」に高度化

・「キャリアアグリゲーション(CA)」を使ってBand 3とBand 42(2波)で3波同時通信

 東名阪地区以外については、Band 3の代わりに2.1GHz帯(Band 1)を用いることで下り最大632Mbpsの通信に対応しています。また、Band 42未提供の地域でも、別の周波数帯の組み合わせでの3波CAに対応しているので、従来のモバイルルーターよりも快適な通信を期待できます。

 従来の「Wi-Fi STATION HW-01H」と単純比較した場合に最大で下り通信速度が約1.84倍となるN-01Jですが、エリアマップを見てみると「下り最大500Mbps超」で通信できるエリアは「主要都市の中心部から徐々に拡大中」といった感じで、全国展開には時間がかかりそうな状況です。

●SoftBankとY!mobileは「下り最大612Mbps」対応機種を投入

 一方、ソフトバンクは下り最大612Mbpsの通信に対応するモバイル無線LANルーター「Pocket WiFi 602HW」をSoftBankブランドで、「Pocket WiFi 603HW」をY!mobileブランドで、それぞれ発売しました。

 両機種はソフトバンクに新しく割り振られたTD-LTE Band 42(2波)で256QAM変調と4×4 MIMOに、既存のAXGPの2.5GHz帯(TD-LTE互換・Band 41)で256QAM変調に対応しており、これらを3波CAで束ねて使うことで下り最大612Mbpsを実現しています。

 従来機種では、「Pocket WiFi 504HW」の下り最大通信速度が261Mbpsだったことを考えると、新機種では通信速度が約2.3倍もアップしていることになります。

 ただし、SoftBank/Y!mobileでは、ドコモのような通信速度別エリアマップを公開していません。つまり「下り最大612Mbps」で使えるエリアかどうかは「使ってみなければわからない」という状態なのです。

 「ユーザが通信速度の遅さを感じることがなければ問題ない」ということで速度別エリア情報を公開しないのも1つの考え方ではあります。しかし「どこでより高速なデータ通信サービスを使えるのか?」という点は気になるものです。特に、ソフトバンクにおいてBand 42に対応する機種は602HW/603HWが初めてですから、どこで使えるのか示してほしいと思うのは自然なことだと思うのです。

 ちなみに、603HWにおいて月間通信容量が無制限となる「アドバンスモード」については、従来のAXGPに加えてTD-LTEでの通信も対象となりました。つまり、603HWなら「下り最大612Mbps対応サービスを月間容量制限なしで使い放題」ということになります。

●実はスゴいけどバッテリー持ちが不安な高速通信対応

 先述の通り、Y!mobileの603HWは「下り最大612Mbpsが月間容量制限なしで使い放題」という意味で非常に魅力的な選択肢……ですが、カタログスペックでは省電力設定を無効化した場合における連続通信時間は約6時間とされています。これはCAを使っていない場合の数値ですから、CAを利用する下り最大612Mbps通信時は、連続通信時間がこれより短くなることは避けられません。

 旧イー・モバイルの「Pocket WiFi D25HW」は連続通信時間が約4時間で、外出して使っているとすぐにバッテリーが無くなってしまうケースが多々ありました。そこから比べると、ここ最近のモバイルルーターは連続通信時間が延び、10時間以上連続して使える機種も珍しくなくなりました。バッテリー持ちの良さが即「ウリ」となることはあまりなくなったのです。

 しかしながら、最高通信速度競争が激しくなる中、高速通信に対応するモバイルルーターは、それに対応するがゆえに連続通信時間が短くなる傾向にあります。最新の「超高速」ルーターは、N-01Jを除いてカタログスペック上の連続通信時間が10時間以下となってしまっています。

 高速データ通信と連続通信時間の両立は、これからのモバイルルーターにおける共通の課題になるといえるでしょう。

●Y!mobileがルーターの通信制限ルールを変更 UQに対抗か

 話は変わりますが、Y!mobileは4月5日からモバイルルーターとタブレット用料金プラン(Pocket WiFiプラン2、Pocket WiFiプラン2 ライト、Pocket WiFiプランSS、Pocket WiFiプランS、Pocket WiFiプランL、データプラン)における通信制限ルールを変更しました。変更点は大きく以下の2つです。

・直近3日間の通信容量のしきい値を「3GB」から「10GB」に引き上げ

・速度制限対象時間を「翌日の6時から翌々日6時まで(終日)」から「翌日の18時から翌々日の1時まで(7時間)」に短縮

 また、通信速度制限中の通信速度は約1Mbps(YouTube動画等の標準画質レベルが見られる程度)とされました。

 制限の内容だけを見れば、UQコミュニケーションズ(以下「UQ])が2月からWiMAX 2+サービスで行っているものとほぼ同じで、Y!mobileはそれにある意味で「追いついた」ことになります。

 しかし、UQは個別の「お知らせ」で制限ルールの変更内容を伝えるだけではなく、報道関係者に対して丁寧な説明を行い、新製品発表会でも改めてをルール変更の背景や考え方を説明していました。

 これに対して、Y!mobileはWebサイトのお知らせに変更内容を載せるのみ、というあっさりとした対応となっています。既存契約者にはメールなどで通知された可能性はありますが、UQの対応と比較すると「サービス改善のための前向きな変更」ではなく、「UQへの対抗上仕方なく行った後ろ向きな変更」という印象がどうしても拭えません。

 Y!mobileの前身の1社であるイー・モバイルは、3月31日でサービス開始からちょうど10年を迎えました。当時、イー・モバイルは「高速通信」と「低価格」を武器にモバイルデータ通信サービスをリードしていました。

 そのDNAを持つY!mobileは、UQの動きに速やかに対抗するか、3月の「引越しシーズン」に合わせてもっとアグレッシブな改訂をするのではないかと、筆者は密かに期待していました。しかし、UQとほぼ同じ内容で4月5日からルール変更することを、3月に入ってから9日目に“ようやく”発表したのです。

 昔のイー・モバイルを思い出した時、現在のY!mobileの姿勢に一抹の「寂しさ」を感じるのは筆者だけなのでしょうか……?

ITmedia Mobileの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon