古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

高速M.2 NVMe SSD「SSD 960 PRO/EVO」が年内滑り込みで登場!

ITmedia PC USER のロゴ ITmedia PC USER 2016/12/19
高速M.2 NVMe SSD「SSD 960 PRO/EVO」が年内滑り込みで登場!: Samsung「SSD 960 PRO」500GBモデル © ITmedia PC USER 提供 Samsung「SSD 960 PRO」500GBモデル

 先週、複数のショップで話題になっていたのはSamsungのM.2 NVMe SSD「SSD 960 PRO」と「SSD 960 EVO」だ。上位のSSD 960 PROは512GBモデルのみ登場し、税込み価格は4万円前後となる。下位のSSD 960 EVOは1TBと500GBモデルが出回っており、税込み価格は順に6万円前後と3万円前後。在庫はいずれも少なめだ。

 SSD 960 PROは512GB/1TB/2TBモデルをラインアップしており、いずれも連続リード3500MB/秒、連続ライト2100MB/sの速度を誇る。下位のSSD 960 EVOは250GB/500GB/1TBモデルがあり、連続リードは3200MB/秒で、連続ライトは1500〜1900MB/秒。MTBF(平均故障間隔)はいずれも150万時間だ。

 秋にバルクで「SM961」が登場したころからその高速性が話題になっており、M.2 NVMe SSD全体の人気もあって登場を待ち望む声はよく聞かれた。ここまで発売が遅れた理由について、最近のSSDの値上がりの主要因になっているNAND不足を挙げる声は多い。

 某ショップは「NAND不足なところにSSD以外の製造が優先される流れの中で、なかなか世に出にくかったみたいですね。日本でもどうにか年内発売の結果がほしいということで、かなり苦労して発売にこぎ着けたらしいです」と話す。それゆえか、入荷数は少なく、未発売のラインアップも「来週以降に登場予定ですが確実とは言えない状況」(同ショップ)という。再入荷が年明けになるもの確実だ。初回入荷分が争奪戦になるとの予測も聞かれる。

 なお、同じくM.2 SSDで支持を集めているPLEXTORからは、外付けタイプのスティック状SSD「EX1」シリーズが登場している。USB 3.1 Type-C接続のモデルで、連続リード550MB/秒、連続ライト500MB/秒となる。ラインアップは512GBと256GB、128GBで、税込み価格は順に2万6000円弱と1万5000円前後、1万円前後だ。

●MSIのGeForce GTX 1050Tiカード「GeForce GTX 1050 Ti 4GT LP」にロープロ最強の呼び声

 グラフィックスカードで目立っていたのは、MSIのGeForce GTX 1050Tiカード「GeForce GTX 1050 Ti 4GT LP」だ。税込み価格は2万円前後となる。

 ロープロファイル対応の細い基板に2スロット占有タイプのクーラーを搭載しており、補助電源なしで動作する。動作クロックは定格通り(ベース1290MHz、ブースト1392MHz)。

 入荷したパソコン工房 秋葉原BUYMORE店は「ロープロファイルといえば、いままではGeForce GTX 950が最強でした。コレはその上を行く性能があって、しかも補助電源なしのまま。スリムケースや小型ケースでゲームを楽しみたい人に売れるでしょうね」とヒットを確実視していた。

 そのほか、同社からは12cmファン搭載のラジエーターを採用した簡易水冷型のGeForce GTX 1070カード「GeForce GTX 1070 SEA HAWK X」も、税込み7万円弱で売り出されている。TSUKUMO eX.は「コルセア製の簡易水冷を採用したモデルですね。OCして使いたい人には面白い選択肢になるでしょう」と話していた。

●70パターン超の構成が可能なmini-ITXケース「AS Exclosure RS01」が登場

 PCケース売り場で目立っていたのは、abeeのmini-ITXケース「AS Exclosure RS01」だ。シルバーとブラック、アクアブルー、ビーチ、オリーブグリーン、ショコラブラウンの6色があり、税込み価格はいずれも2万9000円前後となる。

 162(幅)×335(奥行き)×239(高さ)mmとコンパクトながら、底面と右側面スペースのレイアウト自由度が高く、水冷ラジエーターや3.5インチドライブを積むなど、70パターン以上の組み合わせで内部を構築できる。3.5インチHDDは最大3基、2.5インチドライブは最大4基搭載可能で、12センチファン2連タイプの水冷ラジエーターも組み込める。

 TSUKUMO eX.は「好みにあわせて都合のいい感じにスペースが使えるので、じっくりレイアウトを練って組み立てる楽しさがありますね。カラーが豊富なのも魅力です」と語る。カラーはショコラブラウンの人気が高いとのことだが、「しばらくするとブラックやシルバーを選ぶ人が増えていきます」とのことで、スタンダードカラーも含めてバランスよく売れているようだ。

●青く光るキーボード「Suora」の日本語配列モデルがデビュー!

 入力デバイスでは、ROCCATのゲーミングキーボード「Suora JP」が登場している。税込み価格は1万2000円弱から1万3000円の間。

 2016年7月に登場した英語配列キーボード「Suora」の日本語配列版で、Souraで青色LEDを内蔵し、6個のマクロキーを用意しているところなどは共通している。キーがベースに沈み込まないフレームレスデザインを採用しているところも同じ。「Suoraはフレームレスブームの草分け的な存在でもあったので、それの日本語版が出たということで注目している人は多いと思います」と話していた。

 そのほか、Thermaltakeのマウスマッド「DRACONEM RGB」も登場している。税込み価格は5000円弱だ。RGBタイプのイルミネーション機能を備えており、外周が虹色に光る。

 同店は「Razerの『Firefly』以来、光るマウスパッドもラインアップが増えていますね。流行っているというか、流行らせたいといいますか。これからの動きに期待したいです」と笑っていた。

ITmedia PC USERの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon