古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

黒鷲旗めざし開幕

毎日新聞 のロゴ 毎日新聞 2014/05/01 毎日新聞
Photo: 選手宣誓するサントリーの山村宏太選手=大阪市中央体育館で2014年5月1日、宮武祐希撮影 © 毎日新聞 選手宣誓するサントリーの山村宏太選手=大阪市中央体育館で2014年5月1日、宮武祐希撮影

 第63回黒鷲旗全日本男女選抜バレーボール大会(毎日新聞社、日本バレーボール協会主催)は1日、大阪市中央体育館で開幕した。プレミアリーグ勢から高校までのトップチーム男女各16チームが熱戦を繰り広げる。

 今大会は例年会場だったボディメーカーコロシアムの改修のため、会場を変更。午前9時半からの開会式で西脇克治・日本バレーボール協会事務局長が「天皇杯・皇后杯とともに最高峰に位置づける大会。素晴らしい試合が展開されることを期待します」とあいさつ。河野俊史・毎日新聞社常務取締役大阪本社代表は「2020年東京五輪のカウントダウンは始まっている。黒鷲旗をきっかけに、栄光の時代を取り戻してほしい」と激励した。男子で2連覇を狙うサントリーの山村宏太主将が「日ごろの練習の成果を十分発揮し、正々堂々戦うことを誓います」と選手宣誓した。

 1〜3日は男女各4組に分かれて総当たりのグループ戦。各組上位2チームが4日からの決勝トーナメントに進み、最終日の6日に男女の決勝を行う。【武藤佳正】

毎日新聞の関連記事

image beaconimage beaconimage beacon