古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

3・4月の月間MVPに巨人・菅野ら4人

毎日新聞 のロゴ 毎日新聞 2014/05/09 毎日新聞

 プロ野球セ、パ両リーグは9日、3・4月の月間最優秀選手(月間MVP)を発表し、セは巨人の菅野智之投手(24)と広島のブラッド・エルドレッド内野手(33)、パはオリックスの西勇輝投手(23)とウィリー・モー・ペーニャ外野手(32)が選ばれた。いずれも初受賞。4人初受賞は2005年6月以来。オリックスの2人同時受賞は9度目でリーグ最多。

 菅野は登板した6試合すべてで7回以上を投げ、2連続完投を含むリーグトップの無傷の5勝。エルドレッドは打率3割7分3厘、8本塁打、23打点でチームをけん引した。西はリーグトップタイの5勝負けなしで、防御率も0.69と抜群の成績をマーク。ペーニャはリーグ首位の10本塁打、23打点を記録した。【鈴木篤志】

 ◇巨人・菅野

 うれしい気持ちもあるけど、僕の力だけでは取れなかった。これからもチームの中心選手であれるように頑張りたい。

 ◇広島・エルドレッド

 非常に素晴らしい成績を残せ、いいスタートが切れた。今の状態を続けてチームに貢献したい。

 ◇オリックス・西

 オフから頑張ってきた結果が出たのかな。(先発として)役割を果たせるようにやっている。

 ◇オリックス・ペーニャ

 自分の中ではどれぐらいの数字を残すのか意識してなかった。チームのためにいかに働けるかを考えた結果だ。

毎日新聞の関連記事

image beaconimage beaconimage beacon