古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

AI搭載のドローンでサメ探知、豪州のビーチで来月実用化へ

Reuters のロゴ Reuters 2017/08/28

[シドニー 25日 ロイター] - オーストラリアで9月から、海岸における安全強化のため、人工知能(AI)を搭載したサメ探知用無人機(ドローン)を一部のビーチに飛ばして巡回させるプロジェクトが始まる。

ドローンを開発したのは、米フロリダ大学と3次元空間情報取得向け自律型無人飛行機(UAV)を手掛けるリトル・リツパー・グループ。

AI搭載のドローンでサメ探知、豪州のビーチで来月実用化へ © REUTERS AI搭載のドローンでサメ探知、豪州のビーチで来月実用化へ

2016年から開発に着手したもので、バッテリー駆動のドローンに搭載したサメ探知システムから配信されるライブ動画を地上の操縦者がソフトウエアを使って分析し、サメの位置を特定する。目視によるデータ分析では特定率が20─30%なのに対し、ソフトを使えばこの割合が90%に上がるという。

サメを発見すると、ドローンから海水浴客らにメガホンを通じて注意を喚起する。リトル・リッパーの共同創始者は、ドローンから救命ボートや救難信号発信機を落とすことができるほか、現在サメが嫌がる電気信号を出す装置を開発中と述べた。

フロリダ大学の統計によると、昨年オーストラリアで発生したサメとの遭遇件数は、米国に次いで世界第2位となった。

*写真を更新して再送します。

Reutersの関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon