古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

DeNA競り勝つ 多村が決勝打

毎日新聞 のロゴ 毎日新聞 2014/05/08 毎日新聞

 ○DeNA7−6巨人●(8日、東京ドーム)

 DeNAが競り勝ち、このカード勝ち越し。同点の八回2死二塁から代打・多村が決勝の右前適時打を放った。六回以降を投げた4人の救援陣の好投も光った。巨人は阿部が5打点と気を吐いたが、救援陣が打たれた。

 ◇DeNA・中畑監督の話

 ナイスゲーム。逆転されても「やれる」という気持ちが選手にあった。1点差勝ちは大きいし、勝ちパターンが見えてきた。

 ◇巨人・原監督の話

 (五回は)よく逆転したけど、その後が淡泊だった。(5打点の)阿部はらしさが出てきましたね。

 ◇中畑監督 巨人に3連戦勝ち越し「やっとだよ」

 2012年の監督就任から「打倒・巨人」を掲げてきたDeNA・中畑監督。接戦を制して、このカードを2勝1敗。初めて巨人との3連戦に勝ち越して「やっとだよ」と、しみじみと語った。

 五回までは打ち合いだった。筒香が2打席連続本塁打を放ち、山崎も2ランを打ったが、巨人も五回に阿部が逆転の2点適時打。5−6とされて「普段だったら、これでだめかなとなっていた」と中畑監督はいう。

 しかし、六回2死二塁から石川が中前適時打を放って追い付くと流れが変わった。この3連戦の初戦で2−1で勝利した原動力になった救援陣を投入した。六回・長田、七回・大原が3者凡退に抑えて試合を落ち着け、八回の攻撃では2死二塁から代打・多村が右前へ勝ち越し適時打。多村は「みんなの願いがすごく伝わってきた。いい流れが感じられた」と勢いに乗った。

 勝利の方程式となったソーサ、三上が八、九回も抑えて1点差で逃げ切り。「いままでこんな試合はできなかった。まだ発展途上だけど、続けていければ」と中畑監督。巨人相手に競り勝ったこのカードが、巻き返しのきっかけになるかもしれない。【鈴木英世】

 ◇巨人・阿部5打点…勝利には結び付かず

 2試合ぶりに出場した巨人の阿部が5打点と気を吐いた。1−5の三回に3ランを放ち、1点を追う五回は逆転の2点適時打。二回の二塁打と合わせて4月2日以来の今季2度目の3安打と復調気配で「良くはなっている」と手応えを口にした。

 本塁打も今季5号で通算332本となり、巨人OBの松井秀喜氏に並んだ。しかし、勝利には結び付かず「それを目標にしているわけではないから、それはどうでもいい」と淡々と話した。

 ◇巨人・橋本が負傷交代

 巨人の橋本到外野手(24)は三回、石川の中越えの打球(記録は三塁打)を追った際に左太ももに違和感を覚えて途中交代。都内の病院で検査を受け、左大腿(だいたい)二頭筋の肉離れと診断された。橋本は開幕から全34試合に先発出場し、打率3割1分6厘を残している。

毎日新聞の関連記事

image beaconimage beaconimage beacon