古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

MERS感染が減少=イスラム巡礼控え警戒―WHO

時事通信 のロゴ時事通信 2014/06/17 JIJI Press

 【ジュネーブ時事】世界保健機関(WHO)は17日、サウジアラビアを中心とした中東呼吸器症候群(MERS)コロナウイルス感染者が減少しているとの見解を発表した。ただイスラム教の聖地メッカ巡礼者がサウジに集まる秋を見据え、各国当局に警戒を続ける必要性を訴えた。 

image beaconimage beaconimage beacon