古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

1万円台のエントリークラスのSIMフリースマホはサクサク動く?

ザテレビジョン のロゴ ザテレビジョン 2017/07/17
1万円台のエントリークラスのSIMフリースマホはサクサク動く? © KADOKAWA CORPORATION 提供 1万円台のエントリークラスのSIMフリースマホはサクサク動く?

 税込でも1万円台というエントリークラスのSIMフリースマホ3機種を比較しているスマホ定点観測。この価格帯だとスペックはどうしてもそれほど高くない。それでもサクサク動くのか? ベンチマークや実際のテストで確認してみよう。 FLEAZ Que Tommy Priori 4 FLEAZ Que Tommy Priori 4 主要スペックも似通っている3台  コヴィア「FLEAZ Que」、Wiko「Tommy」、FREETEL「Priori 4」の3台を比較している本企画。端末価格は3機種とも1万円台で、MVNOの格安SIM(通信費)を含めても、2年間でトータルコストは5万円前後で済むという、まさに格安スマホ時代の申し子的存在だ。  しかしスペックはどうしても低めなのも確か。果たしてこれらのスマホはサクサク動くのか? そして3機種それぞれに大きな違いがあるのか? 今回のスピードチェックで見ていく。まずは主なスペックのおさらいからだ。   FLEAZ Que Tommy Priori 4 メーカー コヴィア Wiko FREETEL 本体サイズ 約66.5×132.4×10.35mm 約71.5×146×8.8mm 約71.5×144.8×9.5mm 重量 約125g 約165g 約167g 画面サイズ 4.5型 5型 5型 画面解像度 854×480ドット 1280×720ドット 1280×720ドット OS Android 6.0 Android 6.0 Android 6.0 CPU 1.3GHz(4コア) 1.3GHz(4コア) 1.3GHz(4コア) ROM/RAM 16GB/2GB 16GB/2GB 16GB/2GB メモリーカード microSDXC(128GB) microSDXC(64GB) microSDXC(128GB) 国内4G対応バンド 1/3/19 1/3/8/18/19 1/3/5/8/18/19/28/41 キャリアアグリゲーション × × × VoLTE対応 × ○ × 連続通話時間 ― 900分(3G) 1300分(3G) 無線LAN IEEE802.11n(2.4/5GHz対応) IEEE802.11n(2.4GHz対応) IEEE802.11n(2.4/5GHz対応) カメラ画素数 500万画素 800万画素 800万画素 インカメラ 500万画素 500万画素 500万画素 防水/防塵 ×/× ×/× ×/× ワンセグ × × × フルセグ × × × FeliCa × × × 赤外線通信 × × × NFC × × × Bluetooth 4.0 4.1 4.0 MHL(HDMI) × × × Miracast × ○ × SIM形状 microSIM microSIM×2 micro+nanoSIM バッテリー容量 2200mAh 2500mAh 4000mAh Qi × × × 生体認証 × × × USB端子 microUSB microUSB microUSB カラバリ ブラック ブリーン、フラッシュレッド、トゥルーブラック マットブラック、シルバー、ブルー、ピンク、グリーン、パープル(6色同梱)  MediaTek製かSnapdragonかの違いかはあるものの、いずれも4コアCPUで、軽快な動作につながりやすいメインメモリーも2GBで横並びとなっている。  スクロールと文字入力のテストは片手操作で行うため、小型のFLEAZ Queが有利にも思えるが、とはいえTommy、Priori 4も一般的な5型スマホだ。3機種に明確な優劣がつくのだろうか? まずはベンチマークアプリのチェックから。 低解像度の画面が逆に有利に? ベンチマークはFLEAZ Que!  ベンチマークに使うアプリはいつものように「AnTuTu」と「3DMark」だ。それぞれ3回計測し、各スコアの最大値を掲載している。まずはAnTuTu。 (最高値) FLEAZ Que Tommy Priori 4 AnTuTu 31889 22898 28895 3D 3216 953 2382 UX 13031 9546 12680 CPU 11428 8717 9923 RAM 4492 3735 4068  まずはFLEAZ Queが常にリードする展開。トータルスコアで唯一3万超え。他のスコアも大差ではないものの確実に勝っている。ディスプレーの解像度が低いためか3Dのスコアが高い数値になりやすいようだ。 FLEAZ Que Tommy Priori 4 FLEAZ Que Tommy Priori 4  わずかな差で2位にPriori 4が続く。細かな型番こそ異なるが、同じMediaTek製CPUなので、それも当然だろう。TommyはSnapdragon 210とクロックは同じでも中のコアが旧世代なこともあり、特に3Dで差をつけられている。また検証中も数字にかなりばらつきがある印象だ。  続いて、3DMarkのスコア。 (最高値) FLEAZ Que Tommy Priori 4 トータルスコア 128 0 101 グラフィックス 105 0 81 フィジックス 589 490 744  こちらもトータルスコアとグラフィックスのスコアでFLEAZ Queがリード。ただし動作の軽快さに影響しそうなフィジックスのスコアではPriori 4が勝っている。 FLEAZ Que Tommy Priori 4 FLEAZ Que Tommy Priori 4  残念ながらTommyのトータルスコアとグラフィックススコアは0に。動作そのものが安定しない。何度もアプリが突然終了しつつ、一応3回最後まで計測できたものの、どの結果もトータル/グラフィックススコアは0だ。スペック的に3Dゲームでの動作を期待する人も少ないだろうから、仕方ないところかもしれない。 メールの500通スクロールでもFLEAZ Queが最速に!  ここからは実際に操作してのテスト。まずはメールの500通スクロールテスト。Gmailに500通をあらかじめ受信しておき、上から下へスクロール、500通目に達する時間を競う。アカウントは3機種とも同じ。各機種3回計測し、いずれも片手操作で行う。タイムはストップウォッチで手動計測だ。   FLEAZ Que Tommy Priori 4 最速タイム 3秒75 6秒81 3秒92 平均タイム 4秒21 8秒69 4秒45  最速タイム、平均タイムともにここでもFLEAZ Queがリード。スクロールの印象はけっして滑らかではなく、心地よいわけでもないのだが、速い。途中スクロールが引っかかるものの、強引に進んでいく。画面が小さいので指の操作もしやすい。  わずかな差で2位がPriori 4。こちらもスクロールの滑らかさは感じないが、とにかく速い。スクロールの後半に何度もガンッ! と強く止まるのだが、突き進んでいく。  Tommyは他の2機種に比べスクロールは滑らか。省略表示があまりされていないようで、時間が若干かかってしまう。またFLEAZ Queは文字サイズが大きめだが、Tommyはやや小さく感じる(初期設定時)ため、スクロール中の文字が見にくい。もっとも普段使いでストレスを感じるほどではない。 文字入力ではTommyが最速もキーボードアプリ変更が前提  最後に文字入力のテスト。下記の文章をGmailの新規作成画面で片手入力。そのタイムを競う。 「お世話になっております。ライターの小林です。明日の13時にASCII.jpの件、よろしくお願いいたします。」  入力方法はフリック入力、全文を入力し予測変換ではなく、通常変換を行う。こちらも各機種3回入力し、タイムの計測はストップウォッチを使う。  ただしTommyのみ初期設定ではオムロンの「Japanese IME」を採用しているが、フリック入力の設定がないため、無料のGoogle日本語入力を追加し、テストを行なっている。   FLEAZ Que Tommy Priori 4 入力プログラム Google日本語入力2.20 Japanese IME1.3.6/Google日本語入力2.20 Google日本語入力2.20 最速タイム 1分1秒26 53秒89 54秒07 平均タイム 1分18秒43 57秒94 59秒20  結果として勝利したのはTommy。入力時は若干本体の幅を感じ、指が端に届きにくいものの、誤入力は少しだった。ハイスペックな機種と比べると、キーレスポンスに差を感じ、サクサクとは言えない。ここからタイムを短縮させるのは難しそうだ。 FLEAZ Que Tommy(初期状態) Priori 4 FLEAZ Que Tommy(初期状態) Priori 4  なお、Japanese IMEのままトグル入力(ガラケー時代のようにキーを何度も押して文字を変更する)で同じ文章を入力すると2分ほどかかるため、フリック入力に慣れた人はぜひキーボードアプリを追加してほしい。  2位はまたもわずかな差でPriori 4。手に持った時のサイズ感はTommyとさほど変わらず、端のボタンを押すのが少し苦手なのも同じ。誤入力はTommyよりも少ないのだが、キーレスポンスが遅い印象で、ボタンをタッチしたときにブレーキがかかる感じがした。  3位はまさかのFLEAZ Que。とにかく誤入力が多くなった印象。「し」のつもりが「さ」、「よ」のつもりが「や」などフリックの反応が悪い。画面サイズは4.5型と指はキーボード全体に届くが、むしろ今ではその窮屈さが気になった。小さい=片手操作で有利と思ってきたが、タッチ操作の精度など細かいチューニングがあってこそなのかもしれない。 常に2位のPriori 4を勝ちと判断  低価格、スペック抑えめということもあり、過去の機種と比べて成績自体はパッとしない。3機種ともサクサクと感じるシーンは少ない。  ただ3機種のなかでは、ベンチマークから連続でFLEAZ Queがリードし続け、これは勝ちかと思いきや、最後の文字入力でまさかの大敗と予想外の展開。キーボードのカスタマイズ次第で解決するかもしれないが、今回は勝ち星を譲ってもらおう。  一方、Tommyはその逆で3戦負け続け、最後に勝ち。ただその勝利はキーボードの変更によるもの。印象は良いがスピードチェックの勝利機種には選びづらい。ではPriori 4はというと、こちらは常に2位だが、どの結果も1位に近い数字を出している。安定して速いと言って良いのでは。  というわけで今回はPriori 4の勝ちとする。次回はカメラ勝負。この低価格帯で本当に綺麗にサクサク撮れるのか? 結果をお楽しみに。 ■関連サイト FLEAZ mobile Wiko FREETEL

1万円台のエントリークラスのSIMフリースマホはサクサク動く?

1万円台のエントリークラスのSIMフリースマホはサクサク動く?
© KADOKAWA CORPORATION 提供

ザテレビジョンの関連リンク

ザテレビジョン
ザテレビジョン
image beaconimage beaconimage beacon