古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

15万本のアプリを使いこなせ! 「Windowsストア」の活用&設定法

ザテレビジョン のロゴ ザテレビジョン 2014/06/18 (C)KADOKAWA CORPORATION
15万本のアプリを使いこなせ! 「Windowsストア」の活用&設定法 © KADOKAWA CORPORATION 提供 15万本のアプリを使いこなせ! 「Windowsストア」の活用&設定法

 Windows 8から採用された「ストア」は、スマートフォンのように専用のオンラインショップの「Windowsストア」から任意のアプリを探して購入したり、入手したりできる場所となっている。  デスクトップアプリも探すことができるが、購入したりインストールしたりできるのはストアアプリだけ。デスクトップアプリは詳細・購入サイトへのリンクとなっている。  ストアアプリは、有料だけでなく、無料のものもたくさんラインナップされているので気軽に試すことが可能。有料アプリでも数日間の試用期限が設定されているものがほとんどなので、動作を試してから料金を支払うことができる。  ちなみに、ストアの利用にはMicrosoftアカウントが必要になる。チャームの「設定」→「PC設定の変更」→「アカウント」で関連付けしていれば、そのまま利用可能だ。ローカルアカウントの場合は、先に関連付けしておく。 クレジットカードがなくても有料アプリを買える!?「ストア」アプリを使いはじめる スタート画面から「ストア」(赤枠)をタップする スタート画面から「ストア」(赤枠)をタップする ストアが開く。右上の検索バーにアプリ名を入力して探す ストアが開く。右上の検索バーにアプリ名を入力して探す  アプリ名がわからないときや、目的別に探したいときにはカテゴリを絞り込む。画面上部の「カテゴリ」をクリックすることで、ストアにラインナップされているアプリを整理して表示することが可能だ。 上部の「カテゴリ」をタップするとカテゴリの項目が表示される たとえば、リストから「写真」を選択すると、そのカテゴリのページが開く 上部の「カテゴリ」をタップするとカテゴリの項目が表示される たとえば、リストから「写真」を選択すると、そのカテゴリのページが開く  現在、ストアにはゲームのラインナップが多いのかビジネスや実用、写真などのアプリが目立たない。こうしたアプリを効率的に探したいなら、カテゴリを絞って表示させるといい。 上部の「コレクション」をタップすると、旬のアプリを探しやすい 上部の「コレクション」をタップすると、旬のアプリを探しやすい  また、「コレクション」では、ディスカウント中のアプリやインディーズゲームといった、カテゴリ分けとは異なる趣向でアプリがまとめられている。時期によってコレクションが変わっていくので、旬のアプリを見つけるのに役立つ。 「ストア」アプリで「チャームバー」を表示。「設定」を選択して「基本設定」をタップ 「主に使用する言語のアプリを見つけやすくする」「アクセシビリティ機能が含まれたアプリを見つけやすくする」を「いいえ」に設定する 「ストア」アプリで「チャームバー」を表示。「設定」を選択して「基本設定」をタップ 「主に使用する言語のアプリを見つけやすくする」「アクセシビリティ機能が含まれたアプリを見つけやすくする」を「いいえ」に設定する  利用環境によっては、検索で目的のアプリがヒットしないこともある。その場合は、「説明」が日本語で表示されないものなど、母国語の表記がないものを除外するように設定されている可能性が高い。  ストアの基本設定から、「すべての言語」を対象にすることで、検索がヒットするようになるはずだ。  Windows ストアを利用する際、有料アプリの購入にはクレジットカードの登録が必要。もし、利用したくない場合は、プリペイド支払いの「Windowsストア ギフトカード」の利用も可能だ。 上部「アカウント」から「マイアカウント」を開き、購入したギフトカードのコードを「コードを使う」の部分に入力。入力後、「適用」をタップする。なお、コードは1回のみ利用可能。一度使うと再入力できなくなるので、コードの利用先となるアカウントを間違えないようにしよう 「お支払い情報」にMicrosoftアカウントの残高が表示される 上部「アカウント」から「マイアカウント」を開き、購入したギフトカードのコードを「コードを使う」の部分に入力。入力後、「適用」をタップする。なお、コードは1回のみ利用可能。一度使うと再入力できなくなるので、コードの利用先となるアカウントを間違えないようにしよう 「お支払い情報」にMicrosoftアカウントの残高が表示される  ギフトカードはビックカメラなどの家電量販店で購入できる。裏の銀はがしを削ると現われるコードを入力することで、残高が追加される。有料アプリやアドオンの購入時に、残高から決済される。 (次ページに続く、「無料アプリをインストールする」) 無料アプリをインストールする 任意のアプリを選択し、「インストール」をタップ 任意のアプリを選択し、「インストール」をタップ  無料アプリを入手するには、詳細ページの「インストール」をタップする。すると、ネットからダウンロードが開始され、自動でインストールがはじまる。 初回のみこのダイアログが表示される。無料アプリのみ利用するのであれば「後で確認する」をタップすることで進める 初回のみこのダイアログが表示される。無料アプリのみ利用するのであれば「後で確認する」をタップすることで進める インストールしたアプリが追加された インストールしたアプリが追加された  どういったアプリかは、詳細ページのスクリーンショットや説明である程度把握可能。5つ星によるユーザー評価もあるので、入手前の選定に役立つ。 任意のアプリを選択。「購入」をタップする 任意のアプリを選択。「購入」をタップする アカウントのパスワードを入力して「OK」をタップする インストール完了後は右上に通知が表示される アカウントのパスワードを入力して「OK」をタップする インストール完了後は右上に通知が表示される  有料のアプリについても、基本的には同様の方法で導入可能だ。ただし、ダウンロード前に決済の確認としてパスワード入力のプロセスが入る。有料アプリには「試す」ボタンも用意されており、購入前に数日間アプリを試用できるようになっている。 勝手にアプリを購入されてしまうことがないようにする 「ストア」アプリで「チャームバー」を表示。「設定」を選択して「お使いのアカウント」を開く。「お支払い情報」項目の「アプリを購入するときには常にパスワードを確認する」が「はい」になっていることを確認する 「ストア」アプリで「チャームバー」を表示。「設定」を選択して「お使いのアカウント」を開く。「お支払い情報」項目の「アプリを購入するときには常にパスワードを確認する」が「はい」になっていることを確認する  ストアでの有料アプリの購入時には、初期状態で毎回パスワードを入力する必要がある。そのため、子どもなどに使わせる際に勝手に決済されるという心配はない。  もし、不安なら設定を確認しておこう。逆に、自分しかタブレットを使わないという場合は、購入時のパスワード入力を省くことも可能だ。 アプリの自動更新をオフにする 「ストア」アプリの「チャームバー」を開き、「設定」から「アプリの更新」を選択。「アプリを自動的に更新する」を「いいえ」に設定する 「ストア」アプリの「チャームバー」を開き、「設定」から「アプリの更新」を選択。「アプリを自動的に更新する」を「いいえ」に設定する  Windowsストアからインストールしたアプリは、更新されると自動的にアップデートされる。便利だが、アップデート自体に不具合が発生してしまうものもあるため、情報をきちんと把握してから更新したい、ということもあるだろう。そんなときは、設定からアプリの自動更新をオフにする。  以上、ストアの機能を解説した。ストアには、2014年3月時点で約15万本のアプリが登録されている。iOSやAndroidに比べれば数は少ないが、Windows 8リリース直後から使いまくっている筆者にとっては、着実に増えている印象がある。  なにより、こまめに覗いてみると、新しい発見があり楽しいものがあるのでぜひ活用してみてほしい。  次回は、これぞWindowsタブの真骨頂。Officeアプリのタッチでの使い方を解説したい。

15万本のアプリを使いこなせ! 「Windowsストア」の活用&設定法

15万本のアプリを使いこなせ! 「Windowsストア」の活用&設定法
© KADOKAWA CORPORATION 提供

ザテレビジョンの関連リンク

ザテレビジョン
ザテレビジョン
image beaconimage beaconimage beacon