古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

2013年のソフトウェア市場は8.0%増、XP移行特需が牽引

ITmedia NEWS のロゴ ITmedia NEWS 2014/06/05 ITMedia
2013年のソフトウェア市場は8.0%増、XP移行特需が牽引: 2013年〜2018年の国内ソフトウェア市場予測、出典:IDC Japan © ITMedia 提供 2013年〜2018年の国内ソフトウェア市場予測、出典:IDC Japan

 IT専門調査会社のIDC Japanは6月5日、国内ソフトウェア市場の2013年実績と2014年〜2018年の予測を発表した。2013年の売上額実績は前年比8.0%増の2兆4469億円となった。

 この背景には、企業の業績回復によるソフトウェア支出の増加に加え、2014年4月に迎えたWindows XPのサポート終了に伴うPCの買い替え特需が大きく寄与したとみている。

 分野別実績ではアプリケーション市場が7.1%増の1兆169億1800万円、アプリケーション開発/デプロイメント市場が7.1%増の5155億7100万円、システムインフラストラクチャ市場が9.6%増の9144億1100万円だった。

 IDC Japanは、システムインフラストラクチャ市場の10%近い成長率について、PCの買い替え需要の増加とそれらに搭載されるWindows OSの大幅な売上増が要因だとしている。また、アプリケーション市場でも、Office 2003のサポート終了に伴う更新需要増加が大きく影響しており、アプリケーション開発/デプロイメント市場はビッグデータの需要が高まり、データベース/アナリティクスソフトウェアが成長をけん引したとしている。

 2014年以降の同市場については、Windows XP/Office 2003のサポート終了に伴う2013年の市場成長反動によって、前年比成長率は3.0%にとどまると予測している。しかし、2015年以降は継続したソフトウェア投資が見込まれるとみており、2013年〜2018年の年間平均成長率は3.8%、2018年には2兆9551億3200万円に達すると予測している。

ITmedia NEWSの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon