古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

2017年ダイエットの流行は「生命力」の強化

cafeglobe のロゴ cafeglobe 2017/01/21 cafeglobe編集部
2017年ダイエットの流行は「生命力」の強化 © cafeglobe 提供 2017年ダイエットの流行は「生命力」の強化

新しい年になり、今年こそは痩せたいとダイエットを1年の目標に挙げる人も多いのでは?

昨年は、糖質フリーやグルテンフリーなど、控えるべき成分をカットしながら痩せ体質を目指すダイエット法が流行しました。

2017年のダイエットトレンドは、ずばり、生命力の強化です。ただ体重を落としたり美しい見栄えであればいいというものではなく、その根底にある命の源やパワーを強化していくことがテーマになりそう。

身体の芯から健康になる抗炎症フード

今年は抗炎症フードが大きな関心を呼んでいます。そのおかげで、ターメリックやジンジャー、ココナッツオイル、蜂蜜など大きなトレンドになりそうです。

SELF」より翻訳引用

抗炎症(もしくはアンチインフラメーション:anti-inflammatory)フードとは、のどの痛みや皮膚の腫れなどの小さなトラブルから、アレルギーなどの現代病(慢性的な炎症)を抑える効果が期待できると言われる食べ物のこと。

簡単にいえば、細胞レベルで身体の芯から健康へと導く食べ物のことです。これらの食事をとっていれば、病気を防ぎながら痩せ体質を目指せると、米国でいま注目されているのです。

主な食品は、ほうれん草やブロッコリー、トマトなどの野菜やりんご、ブルーベリー、パイナップルなどの果物のほかにも、

・ ジンジャー

・ グリーンティー

・ ダークチョコレート

・ 天然サーモン

・ ターメリック

・ エキストラバージンオリーブオイル

・ チアシード

・ ガーリック

・ 牡蠣

・ ヨーグルト

・ ココナッツオイル

・ 蜂蜜

・ 味噌

などが挙げられます。

Eatthis Notthat」より翻訳引用

Daily Mail」によると、グウィネス・パルトロウなどのセレブもターメリックとココナッツオイルを合わせたドリンクや料理など抗炎症フードを積極的に取りいれています。

スリムな美しさだけではなく、健康を整えながら生命力も鍛えていく。そんな流れをくむ抗炎症フードがまさに2017年のトレンドとなりそう。

Notフードロスで賢いダイエッターになる

アグリーフード(ugly food)という言葉をご存知でしょうか。文字通り見た目が悪いというだけで廃棄処分となっている野菜や果物のことです。

レストランやスーパーではこれらの食材はほぼ捨てられているのです。けれども、こういった食品廃棄にストップを唱える声が最近出ています。

消費者、とりわけミレニアル世代を中心に環境や地球に即した食品選びが注目されています。新しい年を迎え、アグリーフードを推進する動きがさらに活発になりそうです。

SELF」より翻訳引用

世界中で約8億人の人が飢えに苦しんでいると言われています。しかし、『The Gurdian』に掲載された国連食糧農業機関の統計では、世界で年間2.9兆ポンドもの食べ物(米国では生産食のほぼ半分)が浪費されているとのこと。また、多量の廃棄物に伴う温室ガスによる環境破壊の問題も深刻です。

こういった流れからアグリーフード推進の動きは活発化し、すでに米国では大型スーパーやファーマーズマーケットなどがディスカウント価格で実施販売しているそうです。

大切なのは、見た目ではなく本質的な効能を重視すること。私たちの生命力を高めてくれる野菜やフルーツ。2017年は地球単位で考えた賢いダイエッターになることも重視されそうです。

痩せるだけではなく筋肉をつけるのがブームに

では、身体を動かすワークアウトのトレンドは何でしょうか。

今期のフィットネスの流れは、ただ細くなるのではなく除脂肪筋肉量をつけて強くなることが究極のゴールになりそうです。

Globalnews」より翻訳引用

ただ体重を落とすだけではなく、しっかり筋肉をつけた張りのある身体を目指すことがブームになりそう。

たしかに、体重を落としただけで健康に直結するかというとかならずしもそうではありません。筋肉をつけるためにはしっかりした食事も必要。

しっかり食べてたくさん運動をしながら、身体の中から強くなっていくことが理想です。さっそく私も痩せることではなく筋肉をつけることを目標にワークアウトプログラムを変更しました。

より賢く、より強く。生命力高く。

わたしたちラグジュアリーキャリア世代のダイエットは、まさに生き方にも通じていますね。

今年も勢いにのって力強く美しく前に進んでいきたいものです。

Daily Mail, The Gurdian, SELF, Globalnews

image via Shutterstock

Cafeglobeの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon